1日店


曇空。雨の予報も。

まだ降り始めないうちに運送屋さん到着。愛書会展の荷物と交換会落札品を運んできてくれた。いつもお世話になっております。早速お支払いなど。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。多いようなそれほどでもないような。巻きダンボールは確実に減っていくので発注をかける。これを切らすとまったく仕事にならないため。

昼飯を食べながら録画しておいた「下町ロケット」を観た。面白いねぇ。とにかくわかりやすい。”悪役”は赤い服着てるし・・・。その中から主人公の理解者も出たりする。理解者が出る前にちゃんとセリフで前置きもある。ほんの一言事前にセリフに入れておくだけで、大きな流れの中に変化が見えると、ああ、あの時言ってたな、って伏線を思い出せる。それが次の流れへの興味につながっていく。
一時”伏線っぽい”ことをバーっと並べておいてほとんど回収しないって物語構成が流行った気がするが、あれは基本的な物語の下敷き(聖書的世界)があって、そこからプロットを構成したものの、制作期間が足りずに落とし込みきれなかった結果だった。その”伏線を回収しない”ってところだけ持ってきてムダに難解にしただけなドラマも過去にいくつかあった(ような気がする)が、それは成立しないだろう(^^;。やっぱり魅力的なキャラクターがわかりやすいセリフで観ている者の感情に訴えかけるドラマは、シンプルに人を惹きつけると思う。阿部寛さんのセリフや想いに共感して観ているこちらも勝手にあの社員の中に自分を置いている。

午後は本の整理と梱包作業を並行して。ただ、天気が悪いからか、その後ピタリとご入金はとまった。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
685歩 0.40km 7分 32.7kcal 0.0g
SONY DSC

2015-11-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事