江ノ島スパ


頂いた優待券があったので、江ノ島スパへ出かけることにした。

今や家族のスケジュールをあわせるのも結構前から計画を立てる必要がある。券をいただいたのは10月のはじめだった。およそ1ヶ月後だから予定入れないでね、って言っておいた。だから、雨天決行(^^;。4人でおでかけ。

朝は9時過ぎに出る。息子に運転を勧めたら「今日はいいや」と言う。おそらく寝不足・・・かな。行きも帰りもワタシの運転ってことになった。いつものように第三京浜と横浜新道を乗り継いで、遊行寺坂下交差点を突っ切るコース。江ノ電駐車場にクルマを停めた。時計を見たら10時過ぎ。
見事に雨。とはいえ、強い雨じゃないからまあ、なんとか。水族館は結構混雑している。
橋を渡って右手にあるのが今日入る江ノ島スパ。海は灰色に烟ってる。水平線の近くに一寸法師。杉本博司の写真みたい。
手前にある一見寺院風の建物は江ノ島スパの別館って書いてある。そうか。今まであんまり意識したことなかったわ。「おなかへった」という娘の希望もあり、この別館にある湘南バーガーで食べておくことにした。基本さつま揚げをパンに挟んだバーガーが出てくるが、娘だけはしらすコロッケバーガーを頼んでいた。一応4つ別のものを頼んで一口づつ味見したところ、娘の頼んだしらすコロッケバーガーがあったかくてダントツ一番おいしかった。娘はこういう初めて入る店で選択をハズさない。

で、スパに入場。遠目だとまるでジャバ・ザ・ハットの城のように見えるあの施設ね。過去に訪れた箱根のユネッサンや東京サマーランドに似てるのかな、とか思っていたが、ここは似てるようで似てないというか。温泉を使った保養施設という性格が少し強めてあった。温水プール的に使おうと思うと雰囲気を外す。
受付してもらう。日曜に小学生は入れない、と説明を受けている人も居た。そういう雰囲気。優待券使用なのでいろいろと無料。一応ちゃんと水着は持参した。受付の前に下足箱があり、チェックインカウンターから先はキッチリ土禁。タオルと室内着のセットをもらい、エレベーターでロッカー室へ移動。がらんとして誰もいないロッカー室。海パンに着替えて息子と二人でどんなカッコで行けばいいのかわかんないね、と話す。ほかに誰か居れば参考になるのにね。一応支給された室内着を羽織ってタオルの入った手提げをぶら下げてプールのある階に移動。このとき、「プール専用」のエレベーターを使わないと整体の受付前に出るので注意(^^;。やさしく案内してもらった。

プール階へ。シャワーを浴びてからプール室へ。結構広い。丸い温水プールでは水中体操教室のようなものが開催中。ワタシと息子はブクブクと泡のでているひょうたん型したプールへ入る。ぬるくていかにもな温水プール。ただし、泳げる雰囲気はなし。でも、普段銭湯にも行かず、シャワーを浴びてるだけのワタシ的には、たっぷりの水圧に全身を押される感触はなかなか久しぶりで気持ちいい。泡にブクブクされながら足をバタバタさせたり腕を振ったり。
他のお客さんの様子を見ると、若い人は一人もおらずワタシと同じくらいかひとまわり上の世代の人たちばかりだった。実はここでハタと「温泉保養施設」という単語がアタマに浮かんだわけで・・・。
しばらくして女房と娘が入ってきた。二人とも楽しそうでちょいテンション高め(^^;。なんとなくキャホキャホしてて隠せない感じ。おいおい、ここはユネッサンじゃないのだぞ。
露天の温水プールもあり、こちらはなかなか贅沢。晴れていれば正面にドーンと富士山が見える角度で開けている。今日は灰色に烟った水平線だけだったが。
雨が降って寒い、ってこともあり、露天プールは我々のほぼ貸切状態。少し温度を高めに設定してあるプールに浸かると露天の家族風呂って雰囲気になりかなりのゼータク感を味わえた。よかったね。
およそ40分ほど温水プールとプール内に設置された運動具をいくつか試してから出場した。もちろん医療的な施術やエステ的な施術の施設もあるので居ようと思えば1日居られる施設だけど、皆が「疲れた」とか言い出したので。まあ、我々が家族連れで明らかに”場違い”な雰囲気を出してたし、早々に退散するのもいいかな、と(^^;。風呂もあったけど、温水プールで十分温まった感じになったのでパスした。

江ノ島参道を鳥居下まで歩き、昼飯のお店を決めて入ることにした。海鮮系の丼がおいしそうだったので、3人が別メニューでしらす丼を注文し、息子は天丼を頼んでた。カワハギが肝和えで出てきてうまかったなぁ。

雨は降り続いていたため、今日は諦めてそのまま帰路。車中ではラジオできらクラ!を聴く。とたんにワタシ以外の3人は居眠りを始めた。まあ、運転に絶大な信頼を持ってくれていることのあかしでもあるんだけど。

15時過ぎには帰ってきた。ついでに息子に車庫入れのやり方を教習した。こればっかりは回数をこなして自分でコツを掴むしかないんだが。
6042歩 3.62km 57分 292.6kcal 7.6g
SONY DSC

2015-11-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事