品川


朝から雨。

昼前まで仕事をしてから女房と二人でかけた。品川プリンスホテル内にある水族館へ。ワタシは初めて行く。
小杉駅から二駅で品川到着。早いな。駅ナカでは混んでて食べられるところがなく、外に出ても人・人・人でなんだか混んでいる。夏休み最後の日曜日だからかな。結局、並ばないと食べられないことがわかり、あきらめて直接水族館へ向かった。雨。

入り口に長い行列。券売機まではざっと100m以上はある(!)。実はこんなこともあろうかとコンビニであらかじめチケットを買っておいた。おかげで行列を全部ショートカットしてすぐに入場できた。これはよかった。
ただ、やはり中に入ってからも結構な混雑。メリーゴーランドやパイレーツの室内版にはその存在にちょっと驚いたけどスルー。なかなか肝心な水族館がない。クラゲのフロアもキレイはキレイだけどあまりにキレイさだけを追求していたのでほぼスルー。で、エスカレーターで上がったらそこはもうイルカショーの会場だった。ドーンと円形の劇場。中央のプールも丸い。すでに席は満員で立ち見するしかない。立ち見も気をつけないとお客の輪が二重三重になっていてちゃんと見えない場合もあるみたいだ。とにかく大混雑。こんなに人気があるんだねぇ。
プール中央の天井からコンピュータ制御された「水のカーテン」が降りてきて様々に形を変える。ライトの色でキラキラ光る。この演出がすばらしい。そんな中をカマイルカ、バンドウイルカ、オキゴンドウが次々とジャンプを決める。席の前から3列目までは「水カブリ席」。イルカがジャンプしてはねた水が大量に降ってくる。ほとんどの人がカッパを着てた。プールがそれほど広くないこともあって、イルカのパフォーマンスは基本的なところをキッチリ決めていくことに主眼が置かれている様子。あとは、他のイルカが演技しているあいだ、あいてるイルカが客席に向けて水をバシャバシャとヒレでかけていた(^^;。ま。それも芸の内かな。
さらっと15分ほどの演技時間でショーが終わった。大量の人が一気に移動開始。順路である水族館エリアはもう立ち止まることを許されるような状況ではなかった(^^;。これは難点だなぁ。水族館だから明るめのレンズを、と思い、ズミクロン35mmF2も持参はしたんだけど出番なし。それどころじゃないかんじだった。
ただ、トカゲとか、爬虫類系の展示コーナーは比較的すいててゆっくり見学できた。カメレオンのゆっくりなんだけど太極拳のように間断なく動かれると面白くてずっと見てしまうんだよね。

外に出るとまだ時折雨がぱらつく。駅前にある食堂で遅い昼飯。昼ビール。結局1日天気悪かった。

夕食の時に借りてきたDVDで「ジュラシック・パーク」を観た。スピルバーグ的演出がなんとも懐い。この頃はCGの方が特撮よりもはるかに高価だったんだよね。
8273歩 4.96km 79分 401.0kcal 10.7g

SONY DSC

SONY DSC

2015-08-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事