交換会へ


今日も快晴。暑い。この夏最高気温になると予報。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
オヤジはクルマのことでクルマ屋さんへ行っている。母親から長野旅行のおみやげをもらった。道の駅で買ったとれたて野菜と古代米の紫米。なかなか。

しばらくしてオヤジが戻ってきた。それからは延々旅行のみやげ話(^^;。何度も豪雨にあったらしい。聞いているうちに交換会へ行く時間になった。

東横線車中では今日も「翔ぶが如く」の続き。神風連の乱の件。夜間に熊本城が攻めこまれ、かなりの負傷者・死者が出る。徴兵された鎮台兵は士族からみれば「格下」。士族の不満はとうとう爆発した。鎮台兵はほとんど戦わずに逃げたが大半が斬られた。
この乱を鎮めたのは当時24歳の児玉源太郎。神風連が鉄砲を「洋のもの」として使わず、太刀だけで戦っていたことに着目。鉄砲隊を揃えて応戦したところ、たちまち形勢は逆転。乱はあっという間に鎮圧された。
この前半部分、熊本城は「たった100人規模の乱入を防げなかった」という部分が鹿児島の桐野利秋に伝わったらしい。翌年に勃発する西南戦争の際、本来の大戦略であったはずの「東京へ向かって進軍する」という方針にはほとんど関係ない熊本城を落とすことに固執したのは、神風連の乱が影響したのかもしれない、と著者は推測している。

神保町。灼熱。古書会館。入札。昼飯。帰路。

とてもじゃないけど散歩するような気温じゃなかった。コンビニでアイスコーヒーを飲む。

店に戻って荷造り作業と本の整理。徐々に日常が戻ってきた。
11421歩 6.85km 97分 616.8kcal 23.8g
SONY DSC

2015-08-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事