科博


雨。日曜の雨。

仕事をしてから女房と二人で出かけた。上野の科博へ行こうと思い、小杉駅へ向かう。途中、時折雨が強くなり、何度も「帰ろうよー」と女房から苦情される(^^;。ワタシも行くのよそうかと思ったけど、そう思っているうちに駅についてしまった。

上野までは横須賀線と山手線を乗り継いで40分ほど。早いし安い。この雨でも上野公園はそれなりに混雑しているところが凄い。皆さんやっぱり博物館へ行くのかな。
科博は特別展のない端境期。しかも、常設展示でも改装中のフロアが多くて見る範囲はかなり少なかったが、それなりに混雑。こういう時期なら、と、レストランに行ってみたが、20分待ちと表示。ここもそれなりに混んでいる。とりあえず名前を書いて待つことにした。
で、15分くらいで案内された。中は思ったよりも広かった。昼ビールにカレー。きのこのスパゲッティ。味はまあおいしかった。

で、常設展。本館の1階から階段を登って見ていく。本当は一気にエレベーターで3階に登って降りてくるのが順路らしかった(^^;。たしかに3階まで行ったらフタバスズキリュウがドーンと展示されてあった。
発見が1968年というから思ったよりも最近。ドラえもんの映画にもなった。子連れのお母さんが化石を目の前にして「ほら、ピー助だよ、ピー助」と言っていた。流れていたVTRでここにしか生息していなかった固有種の可能性が高い、と解説あり。首長竜なのに首の大部分は残念ながら発見されていなかったが、胴から足の部分はほとんどそのまま残っている。骨のパーツが揃ってる様子がいいね。
化石とか岩石が展示されていたり、海の生物が剥製になってガラスケースの向こうで食品サンプルばりに並んでいたり、当然ながら情報量が膨大で、結局見ている内に16時を過ぎてしまった。新館の2階に移動し国産第一号の計算機で真空管1700本(!)使う様子を見てから出口へ。1700本ってどれだけの電力を使ったんだろう。富士フィルム社製で用途はレンズ設計のための計算。これ1台で2000人分の働きをしたそうだ。

外に出たらまだ雨。上野駅は混雑。山手線・目黒線と乗り継いで新丸子。雨はあがっていた。

夕食。息子から「今日は父の日だから」と日本酒をもらった。さっそく夕食の時に皆で飲んだ。これがなかなかおいしかった。「Bカメラで今月のオススメになってたから買ってみた」そうだ。ごちそうさま。
5943歩 3.56km 58分 288.7kcal 7.6g

SONY DSC

2015-06-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事