今日も交換会へ


くもり空。
今日も交換会へ行くつもり。
午前中いっぱい荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ツイート作業もそこそこに出かけた。
車中では今日から「翔ぶが如く」を読み始める。少し前から読もうと思っていたんだけど、「新史太閤記」を読むペースが遅くてね(^^;。
で、読み始めたのはいいんだけど、やはり司馬遼太郎の長編作品は出だしがスローだ。まずはこの話の主人公である”薩摩人”とはどういう人たちなのか、にページを費やす。初代警視総監となる川路利良がパリで警察とはどういうものか、を視察している場面から物語は始まる。
すでに維新の動乱は去っている様子。明治政府ができて、どういう政府の構造を作っていこうか、という段階になっている状況なんだけど、このあたりは読んいてもかなりわかりづらい。前に読んだ時にも感じたことだけど、描かれている日本の風景に人の気配があまり感じられないのだ。それはたしかに薩摩人を中心とした登場人物だけをほぼ描いているから、だけど、たとえばどういう状況だから警察が必要なのか、などモブを描いていない。どこか絵空事の場面が延々つながっている印象を持ってしまう。旧秩序が瓦解して新しい仕組みがまだ組み上がっていない状態ってまさにそんな感じなのかもな。
佐賀の江藤新平と薩摩の大久保利通の間で政争があり、司法の立場から警察を取り込みたい江藤と、内務省を立ち上げて警察はそこに組み入れようと考える大久保は対立する。ちなみに大久保は内務省こそ本当の政府組織になるはずだ、との構想を持っていた。川路は大久保派。司法と警察が同じ組織に属したら取り締まりと裁判を同じ組織が行う暗黒政府になる、と考えていた。
神保町。交換会。入札。終えて昼飯はそば。うどんとそばの昼飯が定番になってしまった。食べる量は少なめが身体に負担をかけなくていい。
散歩がてらアキバまで歩いて地下鉄に乗る。帰りの車中も翔ぶが如くを読んだ。
店に戻って荷造り作業の追加。本の整理まで時間が押してしまった・・・。
5606歩 3.36km 50分 288.0kcal 7.2g

20150307

2015-03-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事