今日も交換会へ


晴れ。道は濡れている。
荷造り作業を終えて東横線。今日も交換会へ向かう。読んでいるのは司馬遼太郎「新史太閤記」。読み進めているうちに駿府から尾張に戻った藤吉郎は信長に仕えることになった。桶狭間の戦いの記述に続き、隣国・美濃で政変があり、それに巻き込まれるような形で信長は美濃へ攻め込む作戦を実行する。佐久間信盛、柴田勝家を派遣して墨俣に築城するように命じたものの、美濃側から攻撃されて引き揚げた。
藤吉郎は蜂須賀党を動員し、川上からあらかじめ加工した砦の資材を流して現地では組み立てるだけ、という工程を考えた。その方法を聞いた佐久間信盛も柴田勝家も「しろうとのやりかた」と言ったらしい。著者は言い添える。老練さからは新しい戦法は生まれない、と。
神保町。風が強い。古書会館。入札。昼飯。すぐに引っ返す。
店に戻る前に寄り道して買物。こんなところで買うなんてはじめてだ。
まだ書くことはできないが、今年の前半は本業の仕事とは別にやっておかなければならない仕事が出来していて、落ち着かない日々が続いている。
夜電波を生で聴きながら日記書き。
早く寝ないと。
4811歩 2.88km 43分 244.9kcal 5.8g

20150123

2015-01-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事