下取り


雨の予報。
実際は日中くもり空程度。明け方に雨は降ったようだったけど。
とりあえず朝飯を食べて仕事。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからいつもの3人で小杉のお好み焼き屋さんへ行った。先日TVで紹介されていたお店。ずっと前から知っていたけど、入ったのは今回がはじめてだった。
明太チーズもんじゃ、豚焼きそば、しいたけのバター焼き、とり釜めし、そして最後に小倉焼き。全部おいしかった。小倉焼きはお好み焼きのベースに砂糖と小倉を入れて焼く。ふんわりして甘すぎず、かなりおいしい。たい焼きの味のようでたい焼きでもなく。
東急スクエアで日用品の買い物などしてから帰宅。娘はその後模試で蒲田へ。ワタシはカメラ機材を整理してから中野へ向かった。
もう何度か中野詣をしている。その度に今まで使っていたフィルムカメラ機材を整理してデジカメ用の機材に買い換えてきた。今回整理した機材のメインはSD15ほか一眼系交換レンズ。2年くらい使っただろうか。個体差かもしれないが、どうもAFがきっちりピントを出せないボディで、シャッターボタンを半押ししたあとにピントを微調整する必要があった。撮像センサーがSIGMA独特で気に入っていたが、ILCE-7を使い始めたらほとんど出番がなくなってしまった。
今回、ILCE-7用の交換レンズ:Vario-Tessar FE16-35mmF4が先日発売されたので、いい機会だからSD15関連を下取りしてもらって購入資金の一部に充てることにした。
機材を拭き掃除してから元箱に詰めて持参する。Tessar付ローライ35もいよいよ下取りに出した。
今日もカメラ屋さんの店内は激混み。すげえなぁ。商談している人があそこにもここにも。ワタシのように下取り機材の査定を待っている人がそこかしこに。およそ30分くらいで出してもらった金額はワタシが想像していた額のほぼ倍だった。これはうれしい。差額を支払って新品のレンズを引き取ってきた。
ずっとカメラ関係は中古品を購入することに慣れていたが、”下取り”を覚えてからは新品を買うことも増えた気がする。
店に戻ってから開封。早速ILCE-7に装着してみた。16mmを含む超広角ズームにしては小型軽量。佇まいは地味だけど金属鏡胴でローレットも金属。AFはIFだし早くて音もほとんどしない。このあたりはカメラの進化を感じるなぁ。絞り環はないのでボディ側のダイヤルを回して操作することになる。
ファインダーから見た感じでは画像の歪みなどはほとんど感じない。あとで撮影した写真を拡大してみるか・・・。
それにしても、広角好きのワタシとしては決定版のレンズが手に入ってしまったって気がするなぁ。しばらくこのレンズがメイン機材として付けっぱなしになるんじゃないかしら。
5536歩 3.31km 53分 269.9kcal 7.0g

2014-11-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事