メガネ


先日発注しておいたメガネが完成する日。
荷造り作業をひとわたり終えてからお店に行った。果たしてできていて、最終確認でいちどかけてみる。本を読む時に活字によっては読みづらくなっていたために作ったのだけど、たしかに本を読むのにドンピシャで読みやすくなる(アタリマエ)。のだけど、もうちょっとピントの合う範囲に幅があるのかと思っていたが、かなり狭かった・・・。PC用のブルーライトカットレンズにしたんだけど、ノートPCやタブレットの距離感だとドンピシャだけど、仕事で使っているデスクトップPCのディスプレイではもうピンぼけする(^^;。それより遠くは全部ボケボケ。
正直思っていたのとちょっと違うけど、まあ、本を読む時に読みやすくなればいいか、と。それとも、レンズを調整してもらったほうがいいのかなぁ。
イメージしていたのは、仕事をする範囲の近距離がおおよそはっきり見えるかんじ。
実際は、手に持った本の活字がはっきりみえてよい。でも、新聞くらい大きい活字だとメガネなくてもけっこう大丈夫。となるとよく文房具売場で売ってる老眼鏡を買えばよかったのかもね・・・。
メガネを作ったことで案外目はまだ見えていた、ってことに気がついた。メガネをかけたりはずしたりしていろんなパターンで見やすい見えにくいを検討したところ、やっぱり最初の印象どおり、本を読む時に特化するべき、となった。それ以外だとピントが合わないので逆に邪魔。あとは、メガネをかけたまま目だけ左右に動かすと目眩っぽくなる(^^;。
距離をはかってディスプレイとの距離くらい(もうすこし長い距離)でピントが合うようにレンズを交換してもらえれば仕事中にかけられるメガネになるはずなので、しばらく使ってからレンズ取替えを検討してみよう。
2148歩 1.28km 19分 110.8kcal 2.8g

2014-11-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事