合格


合格発表のシーズン。
今日は娘の受験した第一志望校合格発表日。いろいろと準備もあった。なんとなく気ぜわしい。
併願していた私立高校の入学手続きと関係していたからだ。
そもそも、併願。合格をもらっていたのはいわゆる滑り止め校だったため、入学手続きについて第一志望校の合格発表を待ってもらっていた。高校はまだ待ってもらえるから良い。大学ではこうはならない。
もし、今日の発表で不合格だった場合、明日までに滑り止め校の入学手続きを済まさなければならない。今日中に銀行へ最初の納入金を振込み、明日、所定の時間までに入金票を持参して学校へ出向いて手続き。その振込手続きはワタシが担当することになっていた。
今日は交換会へ行くつもりだったので、まだ合否を聞く前に電車に乗った。乗ってしまえばいつもどおり。本を読みながら電車に揺られ、霧雨の舞う神保町を歩いて古書会館。電車を下りるたびに何度かケータイを確認したが特に連絡もなかった。
入札を終えてから確認すると、娘からメールが入っていた。(!)。なんと、合格。そりゃ良かった。ゆっくり昼飯を食べてから店に戻る。今日は振込みの用事がなくなった。
競争率は1.4倍ほど。とはいえ、ほぼ同じ学力を持った人たちが受験するわけだから、確率は五分五分くらいじゃないかしら。そこを突破したんだからエライ(!)。努力が報われたねぇ・・・。
ちなみに、ワタシが高校生の頃には学力が足りずに受験できなかった学校だ。現在の偏差値でいえば9ポイントも上。まあ、当時は学区制があったりして今よりもこの高校へは受験しにくい状況だったわけだけど。
合格通知と一緒に入っていた入学金の金額を見て驚いた。私立よりフタケタ少なかった。やっぱり公立ってこんな感じだったんだな・・・。親孝行な娘だ。
娘におめでとうって言ったら「ああ、ありがとう」って普通だった。さっそくおじいちゃんとおばあちゃんから合格祝いをもらっていた。制服代の一部とさせてもらいますね。
夕食はお赤飯。おいしかった。
3565歩 2.13km 34分 172.4kcal 4.4g

2014-02-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事