もう年末だし


出かけるわけにもいかないか・・・。
そんな気分が濃厚。いや、気分だけじゃなく、出かけてる場合じゃなかった。
朝飯を食べて仕事開始。とにかく荷造り作業。早速のご送金ありがとうございます。どんどん作って今日出せるものは今日中に出しておきたい。もちろん早くお届けするのが一番。そして、売れた本を整理しておいておく棚がもう入りきらないため。
少しでも早く決済していただけるのが一番ありがたいです♪
結局、昼飯を挟んで午後までずっと荷造り作業をしていたので、出かけるどころじゃなくなった。それはそれでよかったかも。
夕食後の仕事を終えて、そうだ動画サイトで無料配信中だったことを思い出し「白夜行」を観た。これ、とてもよかった。以前ドラマで観た時は途中で脱落したのだけど、映画は昭和の雰囲気が濃厚でそっち方面でも楽しめた。案外あの頃のあの感じって今あんまり残ってないんだよね。
原作は読んでないしドラマも途中まで。中途半端に情報が入ってしまってるんじゃないかと思ったけど、キャストも違うし絵の雰囲気もまるで違っていた。
主人公の堀北真希さんの成長する姿の裏側にいつも存在する影。彼の浮かばれない生き方がこの映画の主題。その存在に途中なんとなく気づきながら結局核心まで攻め込めなかった担当の刑事さんは、最後には彼を自分の息子のように思っていた心情を吐露する。そういえば、作中でこの刑事さんは息子さんを病気で亡くしていた。
主人公の彼女にとって都合の悪いことが起きたあと、次のシーンではそれがなぜか解決している。そんな断片が描かれていく。最後にすべてが串刺しとなって一気に提示され、彼女の”影”は表に出てこれないまま消える。
ワタシの世代が子どものころ、TVをつけると結構エロもグロも流れていた覚えがある。今はもうそんなことなかったかのような雰囲気だけど、当時はこんなこともあったのかなぁ、って。
1267歩 0.75km 12分 63.0kcal 1.2g

2013-12-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事