秋の日


快晴。
少しだけ早起きして仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。朝飯を挟んでどうにか終えた頃、いつもの3人で出かけることにした。ただし、「いつもの」ってのはもしかしたら当分ないかもしれない。少なくとも来年の2月いっぱいまでは。娘が受験生なんでね・・・。
何処へ行きたいか娘に聞いたら「渋谷」なんだそうで。で、理由を聞いたらもちろん答えは「ブ」へ行きたいから(^^;。途中から気がついてましたよ。
渋谷駅。降りてヒカリエ口の改札を出ると、たしかにすぐヒカリエのB3Fだった。ありえないくらい駅直結。中は高級デパ地下って感じ。でもよく見ると500円台から弁当が売ってたり、その一方でロブションのパン屋さんがあったり。なんだか様子を見ているうちに金銭感覚がグチャグチャになっていく気がしてならん。
ワタシは正気だったが、女房はちょっと狂わされていた。さっきのロブションにつかまってしまい、店の外から見てもわかるほどトレイいっぱいにパンを買ってる・・・(!)。
公園通りから代々木公園へ。さすが連休のにぎわい。イベントが開催中で人がたくさん。フリマやってるから通路が狭くてなかなか先に進めない。いやあ、すごいね。屋台がそこかしこで開店中。中にはスパークリングワインを売る瓶の形をしたクルマまで登場して盛り上がってる。美味しそうだし楽しそう。
代々木公園内でも大道芸やってたり、パーカッションでポコパコポコパコとセッションが行われていたり。そんな中、買ってきた弁当を広げた。日向は暖かいけど日陰は結構寒い。
ワタシは鰆のフライが入った弁当。女房と娘はロブションのパン。ほとんど全種類一口二口食べさせてもらったけど、全部が全部食べたことないくらいのハイレベルなパンだった。子羊のパテ入りとか、フォアグラのサンドとか、ハムのキッシュとか・・・(!)。実際食べてみて、やっぱり高いだけの事はあるなぁ、って思った。普段近所で「ちょっとお高め」と思うお店の倍以上の値段しているものばかり。でも、確かにおいしい。値段だけのことはある。これだけ違うと目をつぶって食べ比べしてもわかっちゃうんじゃないかって思うくらい。ちょっといいすぎか。
紅葉が盛り。もう終わりかけの木もあるから今週が見頃の最後だろう。のんびり噴水池のまわりを一周してから帰路。女房と娘はそのまま「ブ」へ向かい、ワタシは一人で店に戻った。お次は息子のドライブに付き合う約束だ。
もちろん今日もカーシェア。どーしてウチのクルマに乗れないのかは以前書きました。別に何処へ行きたいわけでもなく、運転に慣れるため。多摩沿線道路をひたすら西へ。中野島で折り返して府中街道を戻ってきた。外はもう真っ暗。息子は相変わらず駐車場に入れるところに不安がある、と自分で言っていた。
うん。その不安と上手に向き合えればちゃんと上達すると思うよ。むしろ何の心配もないって言い切っちゃう方がこっちが心配。こればっかりはなかなか言葉で車庫入れのコツを伝えるのは難しい。回数を重ねているうちにある日突然「そうか、こういうことだったんだ!」ってひらめくのよね。
ま、それってクルマの運転に限らず何事もそうなんだけど、ネ。
8574歩 5.14km 85分 401.3kcal 10.4g

2013-11-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事