買取


あれ?晴れてない?
今日は買取の予定が入っている。荷造り作業がまだ追いついていないうちに時間が来たので出かけることにした。こういう時、せめて荷造り作業くらいワタシ以外の誰かに担当してもらうことができたら、と思うが、誰もできない。
ナビに行き先を設定すると、思いもよらなかったルートが表示された。うん。でもこのルートはきっと有効だと思う。街中の道ではなく多摩沿線道路を走るルート。この道は信号が少ないので川崎を横断するときに有効だ。平日はトラックばかり走っているが、今日は日曜なのでそれもないし、快適に走れるんじゃないだろうか。
予感的中。ガラッガラでほとんど停車することもなく目的地近辺まで一気に走れた。空は快晴。予報が大外れしてお出かけしなかった人も多かったんじゃないかしら。
評価の上、買い取らせていただいた。ありがとうございます。
住宅地のどまんなかの狭い道。その割に車通りがけっこうあったので焦りながら積み込み作業をした。
店に戻って本を下ろすと、昨夜売れた本と置き場を争う状況に。つまり、本だらけ(^^;。軽い昼飯を食べてからはひたすら荷造り作業。今日に限って件数がものすごく多い(^^;。間に合わないよー。
懸命に作業を続けどうにか荷造りが追いついたので、このまま日曜日を終わらせてなるものか、と多摩川を散歩した。河原はバーベキュー場になっていた。調布取水堰は鮎の遡上関係か開放されており、水位がグンを下がっている。雨も少ないしな。
ルアーを投げている人が結構いたけど、まあ、この時間帯じゃ釣れないだろ(^^;。
元日ハムの練習球場にはシロツメクサが咲き乱れ、その蜜を鳥がすすっていた。なんとものどかだねぇ。
7644歩 4.58km 71分 380.9kcal 9.7g

2013-06-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事