初日


愛書会展初日。
ワタシは店で仕事をしてから交換会に向かう。愛書会展はオヤジが会場に詰めている。
東横線車中では今日も「城塞」の続き。まだ読んでる(^^;。でもそろそろ終盤。大坂夏の陣が始まっていた。冬の陣の和睦後、濠をほとんど埋められて裸城となった大坂城に徳川の大軍30万が迫る。守る大坂方は5万。戦う前から勝負はついていた。それでも、大坂方は城を明け渡すことなしに野戦にて迎え撃つことになった。主力の真田幸村と後藤又兵衛。ふたりとも勝てるとは思っていなかった。しかし、彼らの中には武士としての美意識があった。後世に汚名を残さないよう、華々しく戦死するつもりだった。
真正面からぶつかっても勝負は見えている。そのため、大坂方の方針はただひとつ、家康の首を取ることと決めていた。ただし、その望みはかなうはずもなかった。幾重にも備えられた大軍団のその先に家康は居た。後藤又兵衛は死ぬ気で300人の兵を従え、徳川の軍の中に突っ込んでいった。首と胸を撃ちぬかれた。首を落とし、旗印に包んで埋めるよう指示してから死んだ。又兵衛に付き従っていた者はその死を知るやいなや「死に損なった」と叫び、敵軍の只中へ突っ込んでいった、という。
交換会会場。ものすごい本の量。フロアいっぱいに本が立ち並んでいる。会場を歩きまわっているうちに、大市会のような気分になってきた。こういう時の相場はたいてい高くなる。落札は難しそうだ。
入札を終えて昼飯。最近はまっているゆで太郎で大根そば。前回もらったサービス券で海老天を付けてくれた。こりゃお得。
明日から神田明神の祭礼らしく、町会のお神輿が神酒所に置かれている風景にぶつかる。いいねぇ。
店に戻って荷造り作業。本の整理。お客様とカメラ談義。
そろそろ夕食、という時間にオヤジが帰ってきた。お疲れ様。「雨が降ってるよ」って予報より早いね。
12720歩 7.62km 113分 654.3kcal 21.2g

2013-05-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事