準備


明日から愛書会展。
オヤジたちは準備のために神保町へ行くことになっている。ワタシも交換会へ行くつもり。
とりあえず、早昼を食べ始めたオヤジたち。このペースだとワタシと出る時間がかぶるかも、と不安になったが、心配御無用。食べてから出るまでの準備が大変なんだ・・・(^^;。
昼過ぎに出て東横線。今日も車中では「峠」の続き。交換会へ通っていると本が読めて良い。店にいるとつい仕事をしてしまうので本を読んでいる時間がない。
福地源一郎の仲立ちで河井継之助は福沢諭吉と懇意になる。もっとも、福沢諭吉は気難しいというか、あまりに思想が先進過ぎて周りに理解者がおらず、懇意になれる人が居なかった。
河井継之助は「西洋事情」を読んでいた。あとは本人と話をして福沢諭吉の中身を掴んでしまおう、という気持ちで居たらしい。
福沢諭吉は倒幕論者だった。というか、日本の二重政体をもう維持できないと観ていた。だからといって”攘夷に凝り固まっている”薩長に加担しようという気持ちでもなかったらしい。河井継之助も武士はいずれ廃されると観ていた。封建制は終わり、給料制にでもならなければ国を維持することは難しい。そういう点で二人の見通しは一致していたという。
鳥羽伏見の戦いのあと、将軍は幕府軍艦に乗って江戸へと遁走した。天皇を薩長に擁されていたため”朝敵”の汚名を着せられることを避けたとされている。
入札を終えて、今日もうどんの昼飯。
すぐに店へ引っ返す。シャッターを開けて開店。今日は均一台の本がたくさん売れた。
オヤジたちは16時半ころに帰ってきた。おのおので寄る所があったみたいだ。別々に帰ってきた。
閉店後、オヤジたちは夕食を食べにでて帰った。
仕事を終えてからランニング。帰りにビデオ屋さんで「ユージュアル・サスペクツ」と「ベンジャミン・バトン」を借りてきた。「グッドウィルハンティング」はまだ貸し出し中。
11724歩 7.03km 94分 667.2kcal 25.3g

2013-01-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事