1日店


「年末」という強迫観念(^^;。
朝起きたら一人。女房と娘はチネチッタまで「ワンピース」を観に出かけていた。今日はサービスディということで一人1000円で観られるらしい。よかったね。
朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。三連休の中日だが、今日がどうして祝日だか皆さん意識しているだろうか・・・。心配になりますが。
昼飯は近所のパック寿司屋さん。そういえばひさしぶり。もしや、今年の正月以来か?食べていたら娘が帰ってきた。お帰り。いろいろとおまけをもらってきたみたいだ。
午後は仕事することにした。昨日オヤジが買取してきた本がドーンと追加されていた。ちょっとでも多く年内に片付けたい。そのためのシフトを考えつつ、仕事をかけていく。今週限定で思い切って毎日詰め込んでしまうのも手だが・・・。どうしたものかな。・・・さすがにそこまでは、とも思うけど、せっかくそういうカレンダーになっていることだし。
ずっと前に「王立宇宙軍」(1987年)という映画を観た記憶があった。ああ、あれがGAINAXの最初の作品だったか、とわかったのはずっと後だ。あんまり前だからどんな映画だったかもほとんど忘れている。ちょっと観てみたくなり、旧作100円で借りてきた。夕食後に見始めたが、ああ、思い出した。つまんない映画だった(^^;。
たしかに絵はディティールに凝っているけど、なんていうか、ストーリーに張りがない。観ていて眠くなった。これは仕方ない。劇場に観に行って眠くなった映画は過去に2つある。エヴァQと「ゲド戦記」(^^;。途中で停めた。
キンドルで津田大介さんの著書を断続的に読んでいる。新書、もしくは文庫本の体裁で出版される本なら電書でも行けるような気がしている。ただ、より専門的な本はどうかしら。最初から最後まで通して読み進められる本なら良いが、専門性が高くて何度も前の箇所を参照しながらじゃないと先に進めない本だと操作が面倒かもしれない。そういう本は紙の本で買うのが良いと思うけど。
青空文庫のリーダーとして特化してもいいくらい点数は揃っているから、たとえば漱石や鴎外をひと通り読んでみるのもいいかもしれない。坊ちゃんなんて何年ぶりに読んだかしら。魯山人の料理に関する本もちょっと読んでみたい。コミックは1冊も買っていないのでわからないが、電書だとE-Inkの特性か若干字のエッジが毛羽立っているように”錯覚”するので、絵はその点どうだろう。
771歩 0.45km 7分 39.7kcal 0.6g

2012-12-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事