大市会


晴れ。
今日は祖母の四十九日ということで、オヤジと母親は法要のために仕事を休んだ。ワタシは留守番、というわけにもいかない。今日は大市会がある。荷造り作業をひと通り終えてから神保町へ向かった。
車中では今日も「峠」の続きを読む。交換会へ行くときには本が読めるからいい。店にいると結局仕事をしてしまうので、いつも本は触っているが読むことができない(^^;。
長岡藩藩主・牧野氏は京都所司代に任じられたものの、京都の情勢が危うくなってきた。長州の動きが活発になり、幕府は京都守護職を新たに設置して、新選組も結成された。藩主に京都所司代を辞するよう河井継之助は進言して断られていたが、結局重職すぎて藩主は自ら退くことを希望しはじめた。継之助は「病気」を理由に京都所司代を辞するように動いた。
その後、江戸で老中に任じられた藩主を諌めて辞するように進言。家臣たちは名誉なことなのにと訝しんだが、継之助には明確な未来図が見えていた。幕府はそのうち倒れる、と。老中になどなるだけ藩のためにならない。
幕府が倒れれば群雄割拠の世となる。それを見越して藩政改革に着手する。軍の装備はすべて洋式に変えなければならない。そのためには金が要る。藩内での無駄を徹底的に排除する政策を次々に打った・・・。
神保町駅。・・・最近は文庫本を夢中で読んだあとは視界がしばらくボヤっとするようになった・・・。老眼なんだろうねぇ、これって。
いつの間にか曇空。古書会館。大市会は展示スペースを拡張しての開催。すごい出品量だった。ここでいつもアタマがボゥっとなって失敗する。とにかく冷静に。昨日も買ったし、まだ年内に買取のお話も残っている。そんなに量を買ってはイケナイ・・・。
とはいえ、そんな心配はご・無・用。そもそもそんなにたくさん落札できるわけがないのだ(^^;。
昼飯を食べて店に戻る。荷造り作業の続き。明日から世間は三連休なので今日の決済がありがたい。いつもお買い上げありがとうございます。
あとは本の整理。オヤジの本はあらかた整理し終わった。もう少しで終わる。
キンドルが到着。早速開梱してセットアップ。Touchのキンドル・アプリで購入しておいた電書がクラウド経由でDLできた。E-Inkの見え味はまあまあってところかしら。やはり印刷のエッジの立ったコントラストにはかなわない。そりゃ当たり前だよなぁ・・・。
まだパラパラとめくっただけ。これで長文がどれだけ読めるのか、試してみたい。
11678歩 7.00km 95分 653.5kcal 22.1g

2012-12-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事