老人力


快晴。今日も布団干し。
あれ?昨日と今日の違いがないかも・・・(^^;。
っていうくらい既視感のある朝。オヤジは今日も本の整理をはじめる。で、今日も本のオークション入力をはじめる段になった。最初に手順を説明する。昨日と同じ。そして、ゆっくりと(やっているつもり)模範作業をワタシがする。昨日と同じ。で、そのあとオヤジにやってもらう。・・・一歩も進まない。何から取り掛かったらいいかわからないらしい。昨日と同じ(^^;。
今日で都合三日目だが、一人でできるのは本のデータをソフト上に書き込むことまで。その後のコピペ作業は手順を全く覚えられない。それこそついさっき入力したはずの場所がどこだったかをコロッと忘れてしまう。
昨日は怒りがわいた。今日は通り越した。てか、諦めた。もう、ワタシがやります・・・。コノママデハイツマデタッテモホンガカタヅカナイ。
オヤジにはとりあえず本の仕分けをしてもらうことにした。積み上がった本をワタシが仕事をかける分とオヤジが自分で仕事をかける分に分けてもらう。
この期に及んで「自分でやる」本をそれなりの量分けていることに凄みさえ感じた。まして、年末進行が思うように進まなくてイライラしているワタシを巻き込んだ上コキ使うことにもまんまと成功している。これこそまさに「老人力」といえるのではなかろうか・・・(^^;。
ワタシも一度決めたら、やる。バシバシと積み上がった本に仕事をかけ続けているうちにテンションも上がってきた。もうなんでもこい、って気持ちにもなった。あれ?もしかして乗せられてんのか?
オヤジの”天然さ”が羨ましい。ワタシは生まれてからずっと今もそういう感じに生きられない。誰かに仕事をお願いするなら自分でやってしまおうとするタイプだ。損な性格だなーって思う。
「オヤジ」が「天然」で「老人力」まで身につけたらもうワタシなんざカナワナイ。勝てるはずがないや。
いくら仕事が積み上がっていようが、オヤジは店を閉めたらすぐに帰っていく。「いつも迷惑かけるね」と捨て台詞を置いていった・・・。つ、つよい。
690歩 0.41km 7分 33.4kcal 0.4g

2012-12-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事