愛書会展初日


朝から快晴。古書店日和。
結構朝は寒かったが、昼ごろにはちょうどいい気温に。まだ良く晴れている。ワタシは仕事をひと通り終えてから交換会へ向かう。
ちょっと慌てて出たら本を持参するのを忘れてしまった(^^;。やっちまった。何もすることのないまま電車に揺られた。こういう時、いろいろと余計なことを考えてしまうものだ。シンジ君のようなものだな。
神保町。靖国通り。明日まで古本まつりが開催中。賑わっていた。人がこんなに集まる流れがある中での愛書会展は第350回記念展。いい偶然が重なってくれた気がする。
入札を終えて昼飯。手早く済ませて帰路。朝から息子が病院に行っている。どうなっただろう。
店に戻ったら「入院だって」と開口一番で母親。えっ?と思ったが、やっぱりそんなに悪かったのか。と。息子は案外こういうことに我慢強くて騒がない。ワタシなら痛い痛いと騒いで早く治そうと自分から動くのだけど、息子はそういうタイプじゃないみたいだ。もっと早く言えばよかったのに、というのが正直な気持ちだが、それを言った所で何も起こらない(^^;。結局は本人の問題なので。
面会時間に女房と二人で病院へ行った。家で寝ていた時よりは顔色が良くなっていたような気がしたが、気のせいだったかもしれない。担当の先生から治療方針についてお話を聞いてから帰ってきた。女房は息子の入院に際してのあれこれ準備を整えてくれていた。
仕事、頑張らないとなぁ・・・(^^;。
5583歩 3.34km 52分 277.4kcal 6.9g

2012-11-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事