定休日


三連休明け。モー大変。いつもお買い上げありがとうございます。
娘は今日まで秋休み。学校が2学期制になるとこの時期が境目になるらしい。うまく三連休を絡めてあるので、余計な休みは1日で済む。とはいえ、もともと週休二日制なんだから休みすぎってもの(^^;。
娘がエヴァンゲリオンにはまっていて、何はともあれ「エヴァを見ようよ」と言う(^^;。思えば、これほど刺激の強いアニメって今はどこにもないなぁ。子どもは正直だから面白いものには執着する。・・・てか、確実にエヴァは世代を超えているわけで、ドラえもん並みに古典化するんだろうか。
YouTubeにドラえもんとエヴァがコラボした作品が上がっていたけど、ありゃ出来がすごくいい。のび太がもしもボックスを使ってエヴァの世界を呼び込んでしまう展開。ドラえもん世界にエヴァの登場人物が出てくるんだけど、ドラえもん世界のタッチで描かれたミサトさんの絵とか”らしくて”ビックリした。
ただのアレンジやマネから一歩進んで”創作”分野まで片足突っ込んでいる感じ。もちろんパロディどまりではあるけれど。
で、エヴァは十話の「マグマダイバー」まで見た。「アスカ、来日」と「瞬間、心、重ねて」はTVシリーズ中屈指の傑作。本編的に進んでいくストーリーの傍らにちょろっと物語の背景をチラ見させることで、世界観を徐々に広げていくことも忘れない。「アダムってなんだ」的なことね。まあ、いまさらエヴァについて書いてもしょうがないんだけど。
って、この秋新作「Q」が公開するんだった(!)。
荷造り作業は午後も続き、どうにか発送作業まで間に合った。
その後は本の整理を鋭意。なかなか進まないながらも、どうにか今日の予定分はこなせた。
仕事を終えてから、先日借りてきたDVDでセシル・デミル監督の「十戒」を前半だけ観る。先日見たベン・キングズレーの「十戒」と主だったストーリーは(もちろん)変わらないが、装飾的な内容が多い。そもそも、ほとんどの場面がいかにもハリウッドなスタジオセットでのお芝居なので”エジプト感”をあまり感じられない。冒頭で映画の解説者が出てきて聖書のストーリーを忠実に映像化しています、的な口上を述べるのだけど、ロケで空気感を出して欲しかったなぁ。”お芝居”感が非常に強い。前半はモーセがシナイ山の聖所で神の声を聴きエジプト入城を決意するところまで。モーゼを演じるチャールトン・ヘストンの表情がエジプト王子だった頃と神の声を聴いたあとではまるで別人になっていたところが見所ね。
818歩 0.49km 8分 36.6kcal 0.9g

2012-10-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事