定休日


昨夜は借りてきたDVDで「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を見た。
「桐島、部活やめるってよ」と同じ吉田大八監督作品。「クヒオ大佐」は少し前に鑑賞済み。
主演は佐藤江梨子さん。「女優になる!」と宣言して東京へ出た18歳女の生き様。吉田監督は「桐島・・・」でも「クヒオ大佐」でも思ったけど、女性の描き方に特徴があると思う。んー。なんていうかな。ギラギラしている女性の演出。一見おとなしそうな妹も実は大変な上昇志向を持っていたりして。案外男はナイーブで”やられちゃう役”として描かれることが多い。
今日は朝から店の照明をLED化する工事の予定が入っている。10時過ぎに工事の方が到着して早速工事開始。今使っている器具にLED用の安定器を新たに据え付けて、そっちへ回路をつなぐ。交流から直流になんたらって内容らしいけど、電気工事について詳しいことなんてワタシはわからない(^^;。案外手間がかかるようで、全部で24本据え付け終わったのは15時。お疲れ様でした。
節電を兼ねて蛍光灯を間引きしていたので、工事が終わって全部点灯したらパッと店が明るくなった。こりゃあいい。紫外線が出ないので本の背もヤケる心配もない、とのこと。まるで本屋のための照明って気がした。寿命は6万時間。それも、徐々に徐々に暗くなっていく形で寿命を迎えるので、蛍光灯のようにある日パッと切れて点灯しなくなるような切れ方とはちがうみたい。「およそ15年くらいと考えてよろしいんじゃないでしょうか」と説明を受けた。安心の日本製。
工事の代金はリース契約なのでひと月あたりはそれほどでもなく。支払いが終了するまでメーカーの補償を付けてくれた。
工事の進捗状況によって作業ができなくなる前にルーティン作業を終わらせた。午後の2時間はいつも作業をしている場所の真上で工事。それぞれの器具で取付作業が終わるたびに点灯を確認。蛍光灯の頃と色も変わらず、作業していても違和感が少ない。トータルで取り付けてみてよかった。
本の整理をしているうちに夕食。そのあとオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ランニングに行こうかと思ったけど、「雨」の予報が出ていたので自粛して、ライムスター宇多丸さんのウィークエンドシャッフルを聴いた。「桐島・・・」の回のポッドキャストを聴くと、宇多丸さんも「残酷」という言葉を使っていた。青春の枕詞だね、もはや。
予報通り豪雨。そして雷鳴。出なくてよかったよ。
1264歩 0.75km 13分 56.4kcal 1.3g

2012-09-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事