定休日のはずが・・・


今日は臨時営業することになった。
それというのも、今日は「天気がよくない」という予報のため。って、快晴ですけど?
先週行かなかった山へ行きたい両親の都合(^^;。もはや仕事よりも休みの山行を優先してるなぁ。
店舗は代わりに明日休むことになった。
もちろん、ワタシは仕事を休まないけど。(このあたりの表現がわかりにくいと思う)
午前中、ATMを往復。ついでに八百屋で目についたブドウを買ってみた。種なしのピオーネ。粒の大きくて立派な一房が500円(!)。これは安いでしょ。
あとは荷造り作業の合間に本の整理をする普段通りの1日。
仕事を終えてから借りてきたDVDで「ノルウェイの森」を見た。最近随分レンタルDVDの割合が増えているが、今月いっぱいは旧作が1枚50円で借りられるため。ホントにレンタル料は安くなったと思う。ワタシが大学生の頃は新作も旧作も区別なく二泊三日で380円くらいだった。それでも「安い」と思ってせっせと借りて見てたなぁ。380円が50円になってしまうんだから、物価も安くなっているような気がする。PCだって20年前は30万円くらいしてた記憶がある。今はその1/10くらいだから、値下がりの具合はレンタルDVDよりも大きいね。
さて、「ノルウェイの森」。実は原作者・村上春樹作品を一冊も読んだことがなかった。かつて手に取ったことがあったが、数ページと読み進められなかったためそれっきりになってしまった。今回このDVDを見たのはワタシなりの村上春樹入門のつもりだったが、通しで見た感想は残念ながらムリ(^^;。
役者さんはちゃんと演技してたと思う。松ケンもこの作品の演技が一番しっくりきた。でも、ストーリーがブチブチと細切れで、主人公の気持ちがどこにあるのかもわからず、もちろん何をしたいのかも描かれない。何を中心に物語が回っているのかが掴めなかった。ナオコが好きといいながら、ミドリも好きで、他の女と寝るのもOKで、求められたらナオコの元ルームメイトともやっぱりヤッてしまう。60年代特有のわかりにくい思想絡みのセリフはまあ良しとしても、ヤるためにだけ小難しいセリフを使っているみたいに見えてしまった。青春ってそういうもんだったっけか。たしかに、自分でも制御できないほど強く湧き上がってくる性欲とどう対峙するか考えるってことが青春なのかもね・・・。
やっぱり、村上春樹はワタシには敷居が高いみたいだ。
931歩 0.55km 9分 44.9kcal 0.7g

2012-09-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事