1日店


快晴。布団干し。
娘が先週の土曜日の代休。3人で朝飯。ホントは「坂の上」を見たかったのだけど、ワタシ以外誰も見たくないらしく、却下される(^^;。「借りぐらしのアリエッティ」が回りだす。なるほど、ディティールの映画と思った。あらすじを文章にしにくい。人間の暮らしている家に”間借り”している小人の家族。人間に見つかったら引っ越さなければならないオキテになっているようだ。その割に結構大胆にあちこち改造したりして専用の通路をこしらえているね。
虫の視線、かな。糸車を使ったエレベーターとか面白い。昼飯の時と分けて見たが、まだ見終わらない。
原作・脚本に宮崎駿さん。監督は米林宏昌さん。カラスとか、ネコとか、動物の動きに特徴があるなぁ。
アリエッティの声が志田未来さん。出てくるキャラクターの顔が声を当てている俳優さんをモデルにしてるかのごとく。三浦友和さんは雰囲気あるし、樹木希林さんなんてドハマリ。唯一、お母さんの顔が大竹しのぶさんの声と合ってない気がした。もっと若い感じの顔でもよかったのでは。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで続行。なかなか区切りもなく。
母親は朝から築地までお正月の用意のために買い出しに出かけている。黒豆とか昆布とか鰹節とか乾物を中心に。実は帰りにお昼を食べて来るのが愉しみであるみたい。そりゃおいしいお店がいっぱいあるからなぁ・・・。
上機嫌で帰ってきた。「黒豆買ったお店のお姉さんに顔覚えられてたみたい」とか。「やっぱり築地のマグロはおいしいよねぇ。とろけるみたい。」など。
夕食を食べながら「南極大陸」の最終回。やはり連続ドラマにするには話の尺が短かったのでは。樺太犬役の犬たちにはビックリ。もちろん、演技力があるという意味で。
8760歩 5.25km 70分 492.5kcal 21.6g
20111219.jpg

2011-12-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事