そーいえば


12月に入っている。
朝から雨。しかも寒い。朝飯を食べながらDVDで「スジナシ」の続き。謎な展開のドラマ部が終わって、プレビュートークへ。やはり出演者が観客の前でさっきやった芝居について語るのがこの番組のハイライトだ。流れからクドカンも交えて3人でもう一回やろうという話になる。おそらく既定路線のはずだけど、それはそれで。最初よりめちゃくちゃな進行になったが、プレビューは省かれてた。
仕事開始。荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
終えてツイート。昼飯。先日ポチッとしておいたプリンタが届く。これ、新品なのに5000円(税・送料込)よ。安いよね。ずいぶん前になるけど、最初カラープリンタ買った時4万円近くしてたはず。
思えば、身の回りの製品単価が劇的に落ちた。かつてフィルムカメラはコンパクトカメラで3万円くらいだった。今コンデジなら5000円からあるしねぇ。一眼レフカメラなら高級品がかつては20万円。今は半額以下って感覚かなぁ。フィルム・現像代が要らないだけ更に割安感が強調されている気がする。
カセットのウォークマンもやっぱり2万円以上していた。今は16GB分記憶するiPodが12800円。PCも今の1/100くらいのスペックで30万円くらいしていたなぁ・・・。ソフトも高かった。使えもしないエクセルを35000円で買ったのを覚えている。今やオフィス互換機能を持つソフトがほとんどタダ同然になってしまった。
ワタシが高校生の頃には牛丼は味噌汁付きで500円近くしていた。立ち食いそばに比べて十分に贅沢品だった。現在は280円。ほぼ半額だ。いいか悪いかは別の話。でも、こういう現実があることは肌感覚で知っておく必要があるのではないかしら。
ただし「安くなったからあれもこれも買える」になるならいいけど、視野をもう少し広げてみるとあれもこれも全部安くなっているわけじゃあない。まだら模様だ。まして、その先にはグローバル化した世界経済がある。通貨でさえ状況に応じて上がったり下がったりする現在。すべてが相対化された評価を漂っている。何がその価値を決めるのか。考えるにつけ、・・・結局わからない。
価値観が崩壊したというよりも、価値観の再構築が必要なのでは?と思う。そんなことを思いながら今日の仕事を続けた。もちろん、この仕事の価値も相対化されていると思う。
近所の本屋さんで年賀状の図案集を購入。新聞屋さんの懸賞で六本木ヒルズ展望券が当たる。寒さがリミットを超えたのでハクキンカイロを使い始める。
夕食後、ランニングに出ようと思ったら今日も雨が降っていた(^^;。
779歩 0.46km 7分 38.5kcal 0.6g
20111202.jpg

2011-12-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事