買取有り


曇空。
今日は午後に買取りの予定あり。朝飯を食べ終わって鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
連休を取ったオヤジたちは今日から仕事復帰。一昨日は小田原まで腰痛の治療に行ってきたようで、「ついでに小田原城の見物をしてきた」とケロリ。「実は初めて行ったのよねー」と母親。「オレもだよ」とオヤジ。腰痛とかぜんぜん大したことなかったんじゃないの(^^;?
で、おみやげに「小田原城瓦煎餅」を呉れた。
「ういろうってお店の前を通ったんだけど、あそこが本家本元のういろう屋さんなんだってね。アタシ知らなかったのよ」と母親。小田原には名物が多いんですよ。
昼飯を食べてから買取りに向かう。今回は本を一旦引きとって、店で評価してからご送金するという形を取らせていただいた。
店に下ろすと再び通路が塞がって通りにくいかんじ。荷造り作業を済ませてから早速整理を開始する。17時までにご送金を完了。ありがとうございました。
仕事を終えた頃、外は雨。よし、中断していた「驚愕」を読んでしまおう。もう事件は一通り片付いたあとの後日譚部分だったからサラッと読み終えた。今回の作品はより設定にSF的要素多めだったが、ハルヒという設定がそもそも「なんでもあり」で成立している物語世界であることを考えると、「驚愕」したかどうかは微妙だった。
新キャラが一気にドッと出てきた。いとうのいぢさんのイラストがあったのでキャラの区別作業が助かった。佐々木率いる(?)「裏SOS団」とハルヒのSOS団がガチで決闘するベタなラストがあってもよかったかもな、と思ったのはワタシ一人ではないはず。
次に「陰謀」を読もうかユリイカを読もうか迷う。
1940歩 1.16km 18分 94.9kcal 2.1g
20110616.jpg

2011-06-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事