市ヶ谷へ


曇空。
今週に中間テストがあるという娘。もう中学生だもんねぇ。それに女房も引っ張られるかんじで出かけたくないオーラが出ていた(^^;。
ちょうど紫陽花の季節。多摩川台公園へ観に行って途中からワタシだけ出かけることにした。市ヶ谷の釣り堀。今日で3回目になるかしら。
丸子橋を渡るとすぐに多摩川駅。商店街に鮎焼のお店があるので娘の希望で買って公園で食べた。鮎の形をしたお菓子で多摩川駅前の昔からの名物。瓦煎餅の香りがする。
紫陽花は見頃。カメラを持った人がいっぱい居た。こういう曇空が似合う花もなかなかないな、と思ったり。
そのまま宝来山古墳まで見てから宝来公園、田園調布駅。女房と娘は駅前にあるおいしいパン屋さんで買って昼飯にするという。ワタシはそのまま南北線で市ヶ谷へ向かった。
市ヶ谷駅は地下施設が飯田橋駅と並んですごい規模だ。前回は様子がわからずにJR口まで地下を歩いて歩いて大回りしてしまったが、今回は市谷田町から出た。富士そばで昼飯を済ませて釣り開始。
4月のときはものすごく混んでいたが、今日はそれほどでもない。短竿を選んで早速釣り始め。やはり最初はなかなか掛かってこない。1時間を過ぎたくらいから頻繁にアタリが出始める。周りは親子連れ、グループ、デートの途中、女子会、と様々。釣れないとすぐに出ていってしまう人も居た。無理もない。ワタシのように一人で黙々と釣っている人は大抵10匹とか釣って網にキープしていた。
2時間釣って次回分のサービス券をもらう。そのまま南北線に乗って帰ってきた。車中では今日も「驚愕」の続き。もうすぐ読み終わる。
7611歩 4.56km 72分 370.8kcal 9.8g
20110612.jpg

2011-06-12 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事