目黒散歩


昼過ぎに出かけた。
曇空。暑くもなくちょうどいい。目黒駅で降りて権之助坂にあるサンマルクで昼飯。話題のチョコクロを初めて食べた。おいしかった。
駅の周辺は坂だらけ。すぐ横の行人坂を降りていく。急勾配。こんなすごい坂があるなんて。坂の途中にお寺があったり、降り切ったところに雅叙園があったり、風致地区的。目黒川と太鼓橋を渡って首都高工事中の山手通りを渡る。目黒不動を目指して細い路地を歩いて行く。
路傍にあじさい。住宅地の突き当たりが坂で階段。登り切ると横道にすぐ降りる路地が続く。このあたりの細かいアップダウンが素敵。
左手に目黒不動のお堂があり、右手に不動公園。「10%」の傾斜標識がある三折坂(みおりさか)を降りると目黒不動の門前に出た。
境内左手には独鈷の滝。龍の口から水がどんどん落ちてくる。枯れたことがないらしい。そういえばお寺の名前は龍泉寺。もしかしてこのお水があってのご信仰なのかもしれない。
商店街を歩くとすぐに林試の森公園。もとは林業試験場。女房と娘はかつて何度かここのジャブジャブ池まで遊びに来ていたらしい。「3回くらい来たかなぁ。でも駅からの道が暑くてさー」とのことだった。こんもりした林。ひんやりと涼しい。林業試験場以来のいろいろな樹木がそのまま植えられているという。立派なクスノキがドーンとあった。
あちこちに植物の解説板が掲示されていたが、葉の形を表すのに小学生でも読めるように「ちょうだえんけい」とか「どんきょし」など専門用語が平仮名で書かれていると、かえって意味が分かりづらかったりする(^^;。「ちょー楕円形ー」的な(^^;。「どんきょし」は「鈍鋸歯」と書くみたい。
武蔵小山駅に向かって歩く。左手が品川区。右手が目黒区の区境にある道路。左手に小学校有り。ってことは、道一本隔てたことで目黒区になってしまう人は目の前の小学校は学区外になるのかしら・・・。
パルム商店街。以前目蒲線は高架だったが、目黒線になってから地下化されて駅前は随分様子が変わった。長い長いアーケードを歩く。ものすごい人出。今日は何のお祭りかしら、的な賑わい。娘の希望で「ブ」へ。店内をグルグル回ったが、今日は買う物なし。歩いている間はそうでもなかったが、「ブ」に入ってドッと疲れが・・・。
駅前のミスドで焼きドーナツを買って帰ってきた。
行き帰りの車中。帰ってからはずっとハルヒの「分裂」を読み進めた。
7284歩 4.36km 77分 328.5kcal 8.4g
20110605.jpg

2011-06-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事