結局散歩ってことに


晴れ。
今日は午後から買取の予定が入っている。いろいろ考えた上、目黒で開催中の藤城清治展を見に行ってみようか、ということになった。なんでも、藤城清治さんのご自宅兼仕事場が会場になっているらしい。
もちろん今まで行ったことはない。調べてみると、大岡山駅から歩いていける場所のようだった。
ひと通り荷造り作業を終えてから出かけてみることにした。
大岡山駅を降りて北口商店街をひたすら歩く。一車線のちょうど新丸子の商店街と同じくらいの道幅だが、長さは倍くらいあっただろうか。環七にぶつかる場所で途切れてその先は住宅地。クルマのディーラーが目印でその向こう側にあった。周囲は人だかり。なんと入場待ちの列だった。しばらく居たが、人の列は進んでいかない。このあとに買取の予定があることを心配した女房は、「別に入らなくていいよ」と。娘は最初から「暑くていらんない」とあっさり(^^;。なんだかゆっくり鑑賞する状況じゃないみたいだったのでやめることにした。
とりあえず大岡山商店街に取って返す。昼飯を、と思ったが、ちょうど時間はお昼時でどこもいっぱいだった。これまた待つのが嫌いなご両人なので、お店を覗いては諦めの繰り返し。結局駅前にある定食屋さんに入る事になった。値段は手頃な感じだったがお客はほとんど居なかった。大丈夫かな?とちょっと心配になったが、我々が席に着くなり、次から次へとお客が入ってきて、ワタシたちが食べ始めるころには見事満席になった。
チキンカツと唐揚げ、アジフライをそれぞれ定食で。揚げたてサクサクでおいしかった。もともと大学のお膝元にあるお店で、お隣りに座ったグループはいかにも学校の先生たちだった。なんとなく耳に入ってくる会話に学術用語が混じる。
食べ終わってから田園調布まで散歩することになった。もちろん歩いたことはないが、基本的に線路に沿って歩けば行けるはず。「地図を見ながら歩くのが好き」な娘は、アップダウンと細い道が続く散歩が気に入ったらしかった。環八を歩道橋で横断するとパアッと風景が開く。持っていた双眼鏡で覗くと鶴見・総持寺の本堂越しに横浜ベイブリッジがハッキリと見えた。
田園調布から電車で今日買取のお宅まで直接向かう。そこで買取品に仕事をかけてしまってからクルマで引き取りに行こうと思ったため。
ところが、残念なことに買い取れる本がなかった。・・・まあ、こういうこともあります。
帰り道は強い雨に打たれた・・・。
12642歩 7.58km 121分 602.3kcal 16.3g
20110522.jpg

2011-05-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事