釣り堀~坂道散歩


9時過ぎに起きる。
朝飯を食べてから荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
今日は別行動。ワタシは市ヶ谷・釣り堀へ行くことにした。新丸子からは目黒線・南北線で乗り換えなしの1本で到着。とりあえず駅前で昼飯を食べてから入場。16時まで2時間。
入ってびっくり。ものすごく混雑している(!)。前回はまだ寒い3月のはじめだったからか。どうにかあいている場所を見つけて入ったものの、次々人がねじ込んできてしまい、竿を振り出すにも気を使わなければいけないほど。様子を見ていると、単独で来ている人よりもグループで来ている人が圧倒的に多い。エサのつけ方からよくわからない人にも食いついているコイ。釣りは技術じゃないのかなぁ。
とはいえ、連続して釣り上げている人が居て、様子を観察しているとやはりエサは自前で持ってきているみたいだ。あ。竿も自前。てことはウキも自前か。うーん。やっぱり経験がモノを言うみたいだ。
結局釣果は2時間でたった3匹(^^;。前回の半分以下だが、状況は随分違う。こーなってくるとよく晴れた休日はキビシイということになりそうだ。
サービス券をもらって外に出た。このまま地下鉄で帰るのも勿体無いので、散歩することにした。外濠を伝って歩く。あっという間に四谷駅。上智大の前を通って食違見附跡。紀尾井坂を降りて清水谷坂。赤坂見附跡には弁慶濠がある。ここでも釣り堀が営業中だった。ボート釣りもできるが、水面まで藻がもっさりでまるで雄蛇ヶ池みたい。釣れそうもないが・・・。
一ツ木通りから右に曲がる。丹後坂を登ると見たこともない場所に出た。おっ、久しぶりに迷子だ、と思ったが、すぐに薬研坂に出る。TBSを通り過ぎたら、お城が見えてきた。あっ!これが荒木さんの写真集でも有名な”赤坂のお城”だ。初めて見たよ。転坂はそれほど急坂じゃなかった。
氷川神社周辺の道は土地の高低差があるためか、区画整理がほとんど行われていない印象。道が細くてクネクネと自由自在に折れ曲がっている。こういう迷路のような場所は散歩するには楽しい。勝海舟旧居跡を右に曲がってY字路を右に折れるとタモさん絶賛の本氷川坂に通じる。このお屋敷はどなたのだろうなぁ、と思いながら巨大な門を通り過ぎる。左手は氷川神社の鬱蒼とした緑。
地図なしでは名坂として名高い南部坂を見つけられなかった。そのまま六本木へ抜けて地下鉄で帰宅する。
赤坂はもう一度歩きたいなぁ・・・。
10333歩 6.19km 94分 515.0kcal 13.9g
20110424.jpg

2011-04-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事