世田谷散歩


快晴の空。
午前中は仕事。午後から散歩に出る。女房がスーパーでもらってきた広報誌を頼りに世田谷をぐるっと歩いてみようということになった。途中多摩川園駅中のパン屋さんで昼飯を買って大井町線で二子玉川駅。駅ビルが完成していた。ようやく駅前が広くなった。
砧線跡の道を歩いて行く。そういえばブラタモリでもロケがあった場所。中耕地駅跡には石碑が建っている。ホーム名残りで歩道が少し広い。
歩いていて気持ちのいい道。まっすぐだし、空も広い。複雑な六差路・吉沢橋から国分寺崖線方向へ歩き出す。総合高校横の道を辿っていくと山に突き当たった。ここが静嘉堂文庫のある山。川沿いの道を伝い歩いて行く。「民家園」のバス停横から山登り。カラスが川からザリガニを捕った(!)。なんと鋏と足だけ外し、身だけ咥えて飛び去って行った。すごい”包丁さばき”だ!
静嘉堂文庫裏門の横を通り、山越え。川沿いの道に出た。この道を底にして両側が登り坂の道。まるで教科書のような地形だね、と娘と話す。五の橋を渡って坂を上がっていくと首都高が見えた。その向こう側には砧公園が広がっている。ちなみに先ほどの川(谷戸川)は地図によると砧公園のど真ん中を貫いている。
八重桜がキレイ。敷物を敷いて昼飯。売店にビールを買いに行ったら行列だった。スゴイ人気だ。パンを食べてのんびり世間話。ヤマブキなどバラ科の花がたくさん咲いている。
用賀五条通りを歩く。このあたりは区画整理されたのか、道がまっすぐ通っている。一箇所クランクが残っていると思ったら、「旧名主邸」の碑があった。なるほど。
馬事公苑を目指して北上。裏側に出る。そこからずっと歩くもなかなか正門に辿りつかず(^^;。女房と娘が飽き始めたころにどうにか到着した。入場無料。JRAが運営していた。ちょうど馬術の競技会が開催中。障害を次々飛び越えていくあれ。生で見たのは初めてかも。なかなかの迫力だし、馬によっては障害を飛び越えられない時もあったりして、なるほど相当難しそうだ。場内は混雑。八重桜が見頃の満開。すばらしい。
紫いものソフトクリームを食べて休憩する。
弦巻門から出て南下。馬の厩舎、陸上自衛隊の前を通って桜新町駅。ここの商店街も八重桜の並木が見事だった。
13120歩 7.87km 128分 619.8kcal 16.4g
20110417.jpg

2011-04-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事