岡本太郎展


曇空。寒い。
開催中の岡本太郎展のチケットをいただいていた(ありがとうございます)ので、3人で出かけることにした。折しも「TAROの塔」最終回の翌日。混雑が予想された。
果たして竹橋駅から美術館まで結構な人の数。竹橋の向こう側には人だかり。なんだか盛り上がっている。
今日はまだ節電のために常設展示は中止している。岡本太郎展も16時までと時短シフト。混雑の中をギュッと入っていく。暗めで赤い照明の中、彫刻作品群がお出迎え。ごく初期の絵画作品から「太陽の塔」と万博までズラリと展示。もうホントに人が多い。作品は人の背中越しに見た。
展示作品はそのほとんどが川崎・生田緑地にある岡本太郎美術館からの出品。何度も足を運んでいるため、展示作品は「目」のコーナーを除きほぼすでに見たことがあった。それだけに、この混雑っぷりには驚いた。生田でこんな混雑を経験したことは一度もない。
映像のコーナーは丹念に見た。民俗学研究の立場から訪れた秋田、岩手、沖縄。ナマハゲは怖かったなー・・・。
最後にタモさんと一緒にTV出演している映像が流れていた。楽しかったなぁ。
図録を買って、海洋堂制作の彫刻フィギュアのガチャガチャをやってみた。「動物」が当たった。
会場を出て竹橋のたもとに咲く枝垂れ桜と菜の花を見てから東京駅を目指して歩き出す。娘がジャンプ・ショップへ行きたいと言い出したため。大手門の前で咲く枝垂れ桜も見物して東京駅へ。地下1階のキャラクターショップが集まっている場所にあった。ここで延々小一時間。娘はそれほど広くない店内をくまなく見て回ったようだ。好きなマンガのキャラクター商品を結構買い込んでいた。いよいよ腐女子化してきたな・・・。
夕食を食べながら「TAROの塔」最終回を見た。
7219歩 4.32km 70分 343.4kcal 8.9g
20110403.jpg

2011-04-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事