交換会へ


快晴。暖かい。
娘が「たまに無性に読みたくなるんだよね」と枕元に置いてある本は「風の谷のナウシカ」だった。ワタシもつい読みたくなり、昨夜は一気に第一巻を読みきった。結構久しぶりだが覚えているものだ。
かつて高度な文明があり、それが”火の七日間戦争”の勃発によって滅んだあとの物語。巨神兵という名の兵器が国土を焼き尽くした。その大半は”腐海”と呼ばれる毒素を出す木々に飲み込まれ、腐海には王蟲などの虫たちが跋扈して人間の侵入を寄せ付けなかった。人びとは腐海の毒に怯えながら数少ない国土をめぐって争っていた。
・・・明らかに核戦争後の世界を念頭に描かれている。そこで”腐海”と”蟲”という存在を出してくるところが宮崎駿さんのオリジナリティ。当初は人間の世界が滅んで蟲たちが新たに”地球の盟主”となるのか、と思わせるストーリー展開だが、途中から徐々に変化し、最後にはドーンとひっくり返される(!)。
思えば「未来少年コナン」の舞台も巨神兵の代わりに超磁力兵器が使われて世界が滅びているし、ラピュタもまた強大な兵器を駆使して君臨したラピュタ帝国が滅んだあとの話になっている。
バベルの塔を思い起こさせるね・・・。バビル二世じゃないよ。
荷造り作業を終えてから神保町へ向かった。今日は交換会へ行くつもり。車中では「徳川慶喜」の続き。久しぶりに読んだがつながった。この中で再三出てくるのは、慶喜公はいろいろな事に”通じすぎる”ために疎んじられたというエピソード。
渋谷駅も神保町駅も節電で薄暗い。が、地上に出て靖国通りは春の陽が明るかった。そうそう。もう桜が咲く季節なのだった。
入札を終えて昼飯を食べてからかるく一回り。地震後初めてかもしれない。淡路町から新坂、幽霊坂、ニコライ堂とぐるっとまわって御茶の水駅まで。聖橋の上から秋葉方向をボケッと眺めた。
新御茶の水駅から地下鉄に乗って帰る。あとは荷造り作業とオークション出品作業。
今日はランニングに行かなかったが、雨は降らなかった。
4980歩 km2.98 46分 250.2kcal 6.2g
20110330.jpg

2011-03-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事