憧れの釣り堀


起きたのは9時過ぎ。
朝飯を食べて、荷造り作業をして。いつもお買い上げありがとうございます。
娘が足をくじいたらしく、「今日は出かけないよ」ということだったので、ワタシ一人で出ることにした。飯田橋駅で降りて神楽坂。坂を上がると毘沙門天。ずいぶん久しぶりに来た気がする。正面の路地に入って、大行列のカフェを横目に料亭街を抜けていく。行先はブラタモリで紹介された筑土八幡神社脇の坂・通称ゴミザカだ。御殿坂を登っていくと向こう側に坂は下っていく。よく坂の横に区で立てた案内があるのだけど、ここにはなし。そういえば以前ここに来たことがあるな。TVの影響は全くなし。人っ子ひとりいない。
御殿坂の横をさらに上がっていくと台地の平坦な場所になる。白銀公園の横を通ってそのまま早稲田通りへ出る。神楽坂上交差点から大久保通り。その先に袖摺坂があった。ここも五味坂の表示はなし。まあ、そりゃそうだろうね。
横寺町、箪笥町と歩いて市ヶ谷方向へ歩く。外濠と総武線が見えた。
時間はまだ3時半。よし、思い切って市ヶ谷の釣り堀に入ってみよう、という気持ちになった。坂を降りていくとすぐに受付。2時間分の料金でエサ・竿付1490円。短竿を持って池全体が見渡せる場所に座った。
ありゃ。ウキの位置が結構上の位置にあるな、と思い調整。ところがこれが間違いだった。まったくアタリ無し。周りで釣れている人のタナを観察すると、ほとんど底にベタっと落としていた。すこしづつ調整していったら、結局最初のウキの位置になった(^^;。
と、そこでいきなりアタリ有り。ウキが消しこんだ。サッと合わせると乗った(!)。もちろんスレ針だけど、ラインのテンションを緩めなければ大丈夫。タモ網で掬い上げる・・・。っととと。入れた入れた。釣れました(^^)。
結局はタナの勝負。周りの様子を見ていると場所に関わらず釣れていた。その後もちょうどいい間隔でウキが明確に消し込むアタリが続く。17時過ぎにエサがなくなったので納竿。タモ網には大きな7匹のコイが暴れもせずに顔を寄せ合っていた。
帰り仕度をしてコイの入った網を持っていくと、重さを量ってくれる。それに応じたサービス券を呉れた。「次回1時間無料」とあった。ただし有効期間は3ヶ月。今度は何時来れるかな・・・。
実は夕間詰めのこれから1時間が最大の釣れ釣れタイムなんだけどなぁ・・・。とはいえいい余韻に浸りながら帰ってきた。
7674歩 4.60km 75分 363.2kcal 9.6g
20110306.jpg

2011-03-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事