愛書会展初日


快晴の空。古書展日和。今日から愛書会展開催。
荷造り作業はほとんどなし。昼過ぎに東横線に乗った。車中では今日も「坂の上の雲」の続き。203高地攻略は児玉源太郎による作戦変更が見事成功し、28サンチ榴弾砲を使った砲撃による成果は大だった。あれほど攻略に血をあがなった203高地をあっという間に占領し、頂上に観測所を置くことに成功。その測量結果をもとに旅順港内に停泊していた旅順艦隊を次々砲撃した。これまたあっという間に全艦を沈没させてしまった。なんということ!著者は、実際は統帥上の問題がある今回の成果について、児玉源太郎が引き、乃木司令官の手柄にせしめた、と書いた。
その後もまだ戦闘は続いていたが大勢は決した。旅順は間もなく陥落する。旅順艦隊の消滅を見届けてから、東郷艦隊は修理のためにドック入りし、バルチック艦隊を迎え撃つ準備に入る。
その後、話はスペインからアフリカを南下中のバルチック艦隊についての描写が続く。極寒の露国を出た彼らにとって、酷暑が続く赤道直下の港での石炭積み込み作業は地獄のようだった、という。そりゃそーだろう(^^;。
入札を終えてうどん屋さんで昼飯。すぐに店に戻った。
それからはひたすらオークション出品作業。とにかく数を稼ぎたい。明日から完全復活を期してがんばった。
夕食後、しばらく仕事をしているうちにオヤジが戻ってきた。今日はワタシが落札品を取りに行かず、明日運送屋さんにオヤジから頼んでもらうことになっている。そう。愛書会展の荷物と一緒に。
ワタシが取りにいかないことで、その時間だけ店で仕事ができる。運送代との天秤ということになるが、もちろん運送代の方がガタッと安い。
走ってきた。寒かった・・・(^^;。でもこの寒さがちょっと気持ちよくなってきている気がする。
10837歩 6.50km 92分 583.7kcal 21.8g
20110114.jpg

2011-01-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事