今日から


快晴の空。
今日から店舗の営業開始。そして、発送作業も再開する。お正月三が日は落札品もそれほど多くなかったし、そもそも金融機関がほとんど動いていないこともあって、実質的に完全休業状態だった。
その間、何をやっていたか、といえば、日記に書いたとおりだったわけで、これまた仕事的には完全停止と言わざるをえない。ま。素直に休めばよかったのだが(^^;。なんかね。
鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
仕事を始めると、どうして平日なのに子供たちは休みなんだ?という感覚が湧いてきてしまう。ああそうだそうだ。子供たちには冬休みってものがあったんだ、となんだか”まみれている”自分を再確認する時間が来る(^^;。子供ってやっぱり文字通りまだ子供なんだよなぁ・・・。
荷造りの荷物はそれなりに積み上がったところでお茶の時間。その間に郵便局の集荷があった。集荷すぎに何件かご入金もあって、追加で荷造り作業など。
ひさしぶりにオークション出品作業。先週の水曜日を最後に一切やっていなかった(^^;。点数はかせげなかったけど、嵩はそれなりの量になった。これで木曜日から交換会通いを再開できるだろうか(^^;。
昨日から録画しておいたサンデルの講義を見始めた。リバタリアンとコミュニタリアンの考え方について。たしかに思考実験ぽい。学生たちは難しい学術用語でそれぞれの立場に立って論を戦わせているが、たとえば、カトリーナで被災した人たちを税金を使って救済するのは正義かどうか、という質問にリバタリアン(の立場に立った)学生は答えに窮していた。教室の中だけでのみ有効な思考実験的議論と思うが、こうやってアタマを使うことは若いころには必要だ、と思う。
社会の仕組みは観念よりも経験で成り立つもの。ところがアメリカは建国した時には社会に経験がなかったため、大きな観念(法律)で大枠を決めた。こういう議論が活発になるのは、そういう”アタリマエ”を常に模索しなければならないというお国柄によるものだろう。共和党と民主党の共存。
面白いので、続きを見て行きたい。
昨日頼んだロケショーのコント・CDがもう届いた。早速仕事をしながら聴き始める。この登場人物の噛み合わなさとウザさがスゴイ。どうやってこういうキャラクターを考えるのかしら。最初の「ドライブスルー」で声がバリバリに割れているところからヤラれました(^^;。おもしろい!
794歩 0.47km 8分 36.6kcal 0.8g
20110104.jpg

2011-01-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事