1日店


今日も快晴。良く寝た。布団干し。
昨日運んできた本が積み上がっている。とにかく仕事をかけて行くことにする。
オヤジはワタシが買ってきた本の本数を数えて、おおよその冊数を計算して出していた。何をやっているのか、と思ったら、もしかしたら次に買うかもしれないクルマの大きさを考えているのかもしれない(^^;。まあ、なんでもいいけど、古本屋なら荷物を載せやすいワンボックスタイプがいいんじゃないの?と言ったら、意外な顔をしていた。全く眼中になかったらしい(^^;。それもどーかと思うよ。
本が大量に積み上がっているため、五反田の市会は欠席した。とりあえず年内にこの本たちをすべて売り切らなければならない。恒例になった年末の床掃除が待っているもので。・・・とか言いながら、また買ってきてしまいそうだなぁ。「年明け用」とかいいながら。
昼飯を食べながら「看板建築」のTV。冒頭から江戸東京たてもの園の下町ゾーンが出てきて娘が大喜び。行ったことある場所が出たから喜んだのか、こういう場所が気に行っていたから喜んだのか。解説者として藤森照信さんが出てきた。ワタシが建築に興味を持ったのはこの方の書いた本を読んだのがきっかけ。たしか岩波新書の2冊だった。
荷造り作業を時折織り交ぜつつ、基本的には午後もまるまるオークション出品作業。仕事は進んだのかなぁ・・・。店の様子がほとんど変わったように見えないから今一つ実感できず(^^;。
夕食時に科学くんと女子フィギュアスケートを見る。娘が「スケートってやってみたいんだよなぁ」と言いだす。え?と思ったけど、別にこんなクルクル回るようなスケートという意味ではないみたい。いっちょ反町のスケートセンターへ行ってみるかい?
ラジオを聴きながらオークション落札品のメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
タマラジは「龍馬伝特集」。
1068歩 0.63km 11分 50.3kcal 1.3g
20101211.jpg

2010-12-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事