明日から愛書会展


くもり空。
朝飯を食べながら、ショパンTV。語り手は平野啓一郎さん。ウィキペディアには「19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行」とある。この作品を執筆する過程で描いたショパン像ということだろう。フランス人の父がポーランドで家庭教師の職に就き、ポーランド人の母親との間にショパンは生まれた。ピアノの才能を見いだされ、ワルシャワの劇場でピアノ協奏曲第一番を披露して大成功を収める。その後、ウィーンにおいて世界デビューを果たすが、ショパンのサロン的な演奏が大劇場には向かず、挫折を味わうことになる。その後、練習曲を数多く作曲しながらパリで再起をかける、といった内容。
ショパンの曲が収録されたCDの名盤が平野さんセレクトで紹介される。おもわず聴きたくなるなぁ・・・。アルゲリッチね。覚えておきます。
明日から愛書会展なので、オヤジと母親は会場の準備に神保町へ向かう。以前はオヤジ一人でやっていた作業だが、一人ではちょっと大変らしい。数年前にヘルニアの手術をしてからはこんな感じ。
でも、二人とも楽しそうだ。出かけるときの「じゃ、行ってきます」の声には”仕事しにいくんだぞ”オーラがいつも全く感じられない(^^;。
昼飯はうどん。店で一人食べる。荷造り作業の追加をぼちぼち作業しながら、オークション出品作業。先週中にたっぷり買った分がまだまだあります。
途中、愛書会展のご注文TELや、お店でお買い上げのお客様がご来店されたりして、作業は滞りがち。案外一人だと仕事に対して人数が足りてないんだな。そんなことを感じたりする。
夕食は隣で済ませる。子どもたちも大きくなったもんだな。なぜかこういう機会に改めて思う。
802歩 0.47km 7分 40.7kcal 1.0g
20101104.jpg

2010-11-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事