1日店


雲は多目ながらも晴れ。
結構いい風も吹き込む。ワタシが小さい頃、ウチの店は窓を開けておくだけで目いっぱい風が吹きこんで来ていたことを思い出す。オヤジは突風を恐れながら(^^;本の整理をしていたっけな。
ここ数年いい風がなかったけど、今年は昔の夏が来たのかしらん。
今週は交換会に行かないことにしている。自分で決めた。買うばかりでは続かない。本は売るために買うのが古本屋。買ったら断固売るのです。その繰り返しサイクルが早ければ早いほどお客様のためになる、はず。理由はいろいろあるけど、自分のために本を買い始めたら趣旨が変わってしまう(^^;。
昨日体調不良で1日休んでいた女房は朝から復活。良かった。二日分溜まった洗濯物を朝からバリバリこなしていた。心強い。
朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎまで。最近はオークション出品物のツイート作業を荷造りが終わったころにやっている。どのタイミングでやれば一番いいのか、はまだ試行錯誤の段階。でも、やらないよりもやった方がいいのだけはワタシでもわかる。だから続けている。ツールが増えて、チャンネルも増えて、仕事だけはどんどん増え続けるが、その一方でメインから外れてきている仕事を廃止する判断にも迫られていると感じる。理想はどちらも抱えて突っ走ることだが、さすがに体力が持たないとも思う・・・(^^;。
夕食を食べながら録画しておいた笑ってコラえてを見る。楽しみにしている「吹奏楽の旅2010」。部員が100名を超える部活の運営はさぞかし大変だろうな、と思う。レギュラー枠があるのも数に差こそあれ運動部と同じだから。
吹奏楽に注目するのも、ワタシと女房が大学生の時に吹奏楽のサークルに入っていたから。女房は高校生から始めた楽器の延長で入ったらしいが、ワタシは大学生になってから。しかもパーカッション。なんで4年間続けられたのかな、なんて今になって思うが、その答えはこの「吹奏楽の旅」の中にあるんじゃないかしら。
今でも吹奏楽のCDをiTunesにためて聴き続けている。吹奏楽は曲調がラストでバァーッと発散して終わるから高校生に向いている。聴いたあとに気分がスッキリするので、仕事のお供にもちょうど良かったりする。
クラシックはそうもいかないネ。ほとんどの曲が作曲家の悩みの吐露だったりするから・・・(^^;。
630歩 0.37km 6分 26.5kcal 0.5g
20100715.jpg

2010-07-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事