大市会


店舗定休日。
今日は大市会がある。10時に店を出て、10時1分発の渋谷行きに飛び乗る。
車中では筒井康隆著「パプリカ」の続き。人間の内面を描くのはこの人の得意とするところ。全集に収録されているのでいずれ読もうと思うが、七瀬シリーズもすごい。
もちろん、この物語には”人の夢をスキャンできる機器が発明されている”という前提が必要だ。だが、SFなのはその前提部分だけ。あとは、夢という人間の未知の部分がこれでもか、と描かれる。夢は荒唐無稽さである意味SF的だが、実は人間の内面の発露だ。となれば人間という存在がSFとも言えるわけで、わざわざSFと断ること自体がナンセンスなのかもしれない(^^;。
作中、天才技術者が発明したDCミニという機器を装着すると、人の夢の中へ入っていくことができる。ただし、装着した人の内面も別のDCミニを付けている人に発信してしまうという副作用を伴う。一度DCミニを付けたことのある人はアナフィラキシーを起こし、DCミニを装着しなくても別の人間の内面を探れるようになる・・・って。なんだかネットの世界みたいだ。ちなみにこの小説は1991年に発表されている。ネット普及前だ。
映画版は派手なアクションと色彩豊かな演出でエンターテインメント作品として仕上げてあったが、原作は人間の内面のよりドロドロした部分をえぐっている。人の内面なんて、見られたくないし、見たくないなぁ・・・(^^;。
11時前に古書会館着。入札。12月なので12月らしい本を狙う。どんなだ?
思ったよりも早く入札が終わったので、ウチに戻ってから昼飯。食べ終わってから荷造り作業開始。いつもお買い上げありがとうございます。
発送作業が一段落して、女房に手続きをしてもらったころに、ネットで今日の大市会の結果を確認する。ん。まあ、こんなもんでしょう・・・(^^;。
まだ仕事をかけていない本が店に置いてある。早くやってしまわないと、年末の大掃除に間に合わない・・・(!)。
12926歩 7.75km 106分 681.0kcal 28.0g
291202.jpg

2009-12-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事