積み上げる


快晴。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日なので量も多め。積み上がる。
一段落したところでオークション出品作業へ移行。先週の土曜日にオヤジたちが仕入れてきた本を中心に。当然オヤジによるより分けあり。ただ、思い切ってまとめて一気に出す方が思わぬ好結果をもたらすことを、ワタシはお客様から身をもって教えていただいた。そんな思いを残しつつ、眠い目をこすりながら仕事を続けた。
部屋の棚の奥からCDがまとめてごそっと出てきた。懐かしい。ワタシが大学生だった頃に買ったものだ。ブラスバンドのサークルに入っていたから、その頃演奏した曲の収録されたものが多かったが、そこから興味が派生して買ったクラシックCDも数枚ある。案外興味を持つ対象がぶれていない。広がっていないとも言えるが(^^;。
たとえば、ボレットがピアノでリッカルド・シャイー指揮、ベルリン放送交響楽団のグリーグ・ピアノ協奏曲とか、ドホナーニ指揮・クリーヴランド管弦楽団演奏のドヴォルザーク8番、9番とか。84年ごろの演奏なので、すでにデジタル録音されている。ドホナーニのドヴォルザークは、一時聴きこんだカラヤン・ウィーンフィルの演奏と手法が似ていて、続けて聴いても違和感がほとんどない。むしろ、同じカラヤンがベルリンフィルと演奏したドヴォルザーク9番が全然違って聞こえてびっくりした覚えがある。やはり楽団が違ったり、演奏時期が変わると、同じ指揮者でも曲の解釈が変わるものなのだろうか。
早速PCに取り込んで聴いている。ボレットがピアノでシャルル・デュトワ指揮のラフマニノフとチャイコフスキーの協奏曲は、ゆっくりとした盛り上げ方に驚かされたりして、曲の解釈って本当にいろいろあるんだなぁ、と。
夕食を食べながら三銃士。三銃士がそろって新展開、と思いきや、まずは生活感丸出しのお話(^^;。これって「王様のレストラン」っぽいな。三谷節炸裂ってことかしらん。
1633歩 0.97km 17分 73.1kcal 1.6g
291019.jpg

2009-10-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事