巣鴨地蔵通り~荒川遊園


快晴。
「都電に1日乗車券があるらしいよ」と娘。先週行ったばっかりじゃんか。娘のたっての希望で今週も荒川線探訪となった。
昼前に出て渋谷から副都心線。西早稲田で降りて馬場口を右折した。早稲田通りは学生街らしくラーメン屋さんがズラリ。随分街並みが変わったなぁ。古本屋さんはお休みだった。
西早稲田交差点から坂道を下りていくと都電のある通りに出る。このあたりから娘のテンションが上がった。先導して歩いて行く。「神田川の電灯も見に行こうよ」と積極的。案外わかりやすい性格だな。
しばし神田川の風景を眺めてから先週同様にモスで昼飯。すぐに都電乗車。運転士さんに申し出ると、持っているPASMOがそのまま1日乗車券になる。早速ゴトゴトと走り出す。明治通り沿い。途中で分かれて大塚駅。イベント開催中だった。庚申塚で降りる。巣鴨地蔵通り商店街。初めて来た。魅力的な飲食店があるなぁ。しまった。ここで食べればよかった。
元気なガモーナさん(ってまだ言うの?)たちがいっぱいだけど、原宿ほど混んでないな。とはいえ、赤パンツのお店は迫力があった。「巣鴨地蔵通商店街」のアーチ看板は独特の押しがあって妙。観音像には行列。線香のにおい。歩行者専用道になっていて安心して歩ける散歩道だ。
女房と娘はなぜかビーズ細工に引っかかっている(^^;。そういう細かいの好きだねぇ・・・(^^;。
おやつがわりに和菓子をちょっと。いま流行の白いたい焼きを初めて食べた。もちもちで形は確かにたいだが、これをたい焼きと呼んでいいのかどうか。
再び庚申塚駅から都電。飛鳥山駅で降りて、明治通りを走る都電の姿を眺める。都電か、と思ったら都バスだったり、都バスか、と思ったら都電だったり。案外似てるね。
また都電に乗る。飛鳥山の坂を下りれば、あとは下町の平坦な場所が続く。荒川車庫前で降りる。都電車両がズラリ。一角が都電ふれあい広場として開放されており、過去の車両が2両だけ乗れるようになっていた。案外たくさんの子供たちが楽しそうに乗ったり降りたりしていた。
そろそろ日が傾いてきたが、娘は「荒川遊園に行きたい」らしかった。それなら先を急ぐぞ。再び都電に乗って一駅先の「荒川遊園地前」で降りた。5、6分間隔で運行されているから待つストレスは全くない。それにしても、1日乗車券を持っているから、と、わざと乗り降りを繰り返しているねぇ・・・(^^;。
2910181.jpg
すでに15時半。
光はオレンジ色を帯びている。駅から5分ほど歩くと荒川遊園のゲートと観覧車が見えてきた。
入園料は200円。のりものは大人200円、子供100円均一。良心的だと思う。あと1時間で閉園時間だというのに、場内はまだまだ混雑していた。随分盛り上がっているじゃないの。
遊具はゆるーい感じのものが多くて、ジェットコースターまで怖くないゆっくり走るコースターがスリルの限界。女房は娘とコーヒーカップに乗った。規模が小さいので、カップを回転させると余計早く回ったように感じるらしい(^^;。娘は楽しそうにケラケラ笑っていた。
あともうひとつ。観覧車に二人で乗ってくれば?と思ったが、娘のリクエストは断然ファミリーコースター。えー? でも行列ができてるよ。それもワタシと乗りたいという。しょーがないなぁ。並ぶか。
横浜のこどもの国にあるものと似たタイプ。あれよりも場所が狭いのでコースを2階建てにして折りたたんである。それを2周まわるらしい。ちょっとしたお得感。もちろん絶叫とは程遠いが、親子で楽しく乗るにはこれくらいがちょうどいいのかも。
乗り終わって娘も満足した様子。閉園時間まであと15分ほどとなり、退園した。まだまだ人は多かったから追い出されるまでいるつもりらしいね。親子連れが圧倒的に多かったが、案外大学生くらいの男女がデートで来ていたりする。ゆるーいレトロ感を楽しんでいるんだろうか。なかなか、やる。
当初は三ノ輪橋まで行くつもりだったが、時間も時間だったので王子駅前に戻って南北線に乗ることとなった。あちこちまわって初めて来た場所を大冒険したようなつもりだったが、驚いたことにウチの最寄り駅まで直通電車があり、座って帰れるのだ(^^;。
今日のコース:渋谷から副都心線で雑司ヶ谷駅。直上に都電鬼子母神駅。都電庚申塚と三田線巣鴨駅。南北線王子駅と都電王子駅前。そして、都電三ノ輪橋と日比谷線三ノ輪駅。新丸子駅と繋がる地下鉄線すべてが都電と(ほぼ)接続しているのは、単なる偶然なのだろうか、ネ。
12228歩 7.33km 119分 554.5kcal 14.1g
2910182.jpg

2009-10-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事