今日も1日店


朝から快晴。布団干し。
三連休明け。がんばって荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前までには終わらず。
昼飯を食べながらTVを見ていると國村隼さんが出ていた。名脇役。それだけにいろんな映画・ドラマに出演されている。語り口は穏やかで滑らか。決して大きな声ではないが、話は聞いているこちら側に全部スっと入ってくる。説得力があるなぁ。大きな目が印象的だ。
話は「パコと魔法の絵本」で演じた中年オカマの役に。そこで”役作り”について語られる。ご本人曰く、自分の中にある引き出しから演技を出してくるわけじゃなく、あくまでも”感じる”ことにしている、のだとか。たとえば、衣装を着けてみれば自然に肩が下がるとか、ボブのウィッグを着けてメイクをしたら自然に湧いてくる感情を出してみる、とか。頭で考えるよりも感じて出す方法。
聞いていたらドラマ「HR」の中で八木田さんを演じていた國村さんのセリフを思い出した。劇中、クリスマス会のだしものでシェイクスピア劇のハムレット役をオーディションすることになり、生瀬勝久さん演じるホイさんに対抗する役として八木田さんが「感じてみなよ」と稽古をつけていた。脚本を書いた三谷さんが國村さんということであて書きしたのかもなぁ。
映画出演2作目がリドリー・スコット監督「ブラック・レイン」。出演第一作目の邦画の総製作費が1000万円だったのに対して「ブラック・レイン」は60億円(!)という桁違いの金額だったが、いざ劇場のスクリーンに上映されてみれば、どちらも映画としてちゃんと面白い。その方法論の違いがとても興味深い、と語られる。なるほどねぇ。
他に、趣味の渓流釣りの魅力まで語ってくれて、いずれも話の描写が丁寧で、聞いていて絵が浮かんでくる気がした。
数々の役をこなされていずれは映画のディレクションをされるのではなかろうか。
荷造り作業は16時までかかる。それからオークションの出品作業を開始。はかどらず(^^;。
夕食時、今日も三銃士。劇中で描かれる宮殿の外観がおどろおどろしくて、まるで宮殿に見えなかったりするが・・・。
9025歩 5.41km 73分 477.2kcal 21.0g
291013.jpg

2009-10-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事