1日店


くもり空。
今日は子供たち二人とも学校へ。ただし、息子は明日から三連休。休みが多いなぁ・・・。
朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。土曜日に落札していただいた分がかなりの数だったのでいそがしい。
昼飯を食べながら鯨文化TVの続き。今回は鯨の味について。商業捕鯨撤退後、日本人は鯨を身近な食材として食べることができなくなった。江戸時代、鯨一頭の捕獲で沢山の人が命をつなぐことができた。捕鯨基地となった場所は平地が少なくて米などが採れにくい場所がほとんどだという。貴重な栄養源として鯨は扱われた。捨てるところがない、というまで分けられ、本来なら捨てるしかない骨(軟骨)部分まで粕漬けにしておいしく食べた。それこそが鯨に対する最大限の感謝の気持ちだった。鯨文化と呼ぶにふさわしい。
それでも気持ちが済まない。鯨供養が始まり、お寺には鯨の戒名が書かれた紙が保管されている。これは人間と同じ供養だよ(!)。
長崎県は日本で一番鯨を食べる人口が多いという。料理屋さんで江戸時代の文献から鯨料理を再現する試みが行われていた。鋤の上で焼く「鋤焼き」は見ていておいしそうだった。
以上が今日見たTVからの内容抜粋。
何日か前の新聞で横浜野毛が鯨料理で盛り上がっている、と紹介されていた。ベイスターズは今一度ホエールズに名前を戻しませんか? アクアラインのうみほたるでは千葉で捕れた鯨のタレが売られていた。そういえば渋谷には前からくじら料理専門店があったっけ。
とりあえず一度食べに行ってみようかな、と思った。
夕食後はオークション落札品のメール書き。今日も沢山のお買い上げありがとうございます。日付が変わっても終わらず・・・。
1171歩 0.69km 12分 51.7kcal 0.8g
290928.jpg

2009-09-28 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事