坂道めぐり


快晴。
9時に起きて仕事をしばし。朝飯を食べてから3人で出かける。
今日は無理をせず近場狙い。中目黒駅を降りて目黒川沿いの道を歩く。西郷山下交差点から住宅街に入り、菅刈公園に入る。庭園と屋敷が再現されてあり、ここと西郷山公園がセットで明治の元老・西郷従道の邸だったようだ。おそらく西郷山は邸の裏庭といった存在だったかと思う。
のんびりとした時間が流れている。おとなりの代官山と大橋あたりの中間地点にあることで、どちらからも散歩できる位置にある。家族連れはもちろん、お散歩途中に一休みといった風情の方もたくさん。娘は人工のせせらぎの中に入って足を冷やしていた。
旧山手通りに出る。目の前に”王様のレストラン”。その隣の建物に人だかり。バザー開催中の模様。上村坂を降りる。急勾配。エジプト大使館。降りたあと左折するとすぐに目切坂。こちらは緩やかに上っていく。ちょうど男坂と女坂といった感じだ。登り切った場所に看板あり。ここに”富士山”があったようだ。1812年、富士講の人たちがここに高さ12mの富士山を作っていたらしい。その7年後、中目黒2丁目にまた新たな富士山が作られたため、そこを新富士、目切坂上が元富士と呼ばれていた。へー。 現在はマンションが建っていて東横線から渋谷に向かって左手に見える。
そろそろおなかが減ってきたが、適当なお店が見当たらず。別所坂下まで来てしまったので、そのまま散歩を続けることにした。見事なS字カーブと登るほど勾配が急になるなど、第一級の坂。登り切った場所が階段になっていて車両の通行ができないところもいい。なんと、さっき読んだばかりの”新富士”はこの別所坂を登り切った場所にあった、と看板あり。広重が描いた浮世絵にこの”新富士”なめの富士山の絵がある。
道なりにまっすぐ進むと恵比寿駅。駅前のスパゲッティ屋さんに入ってようやく昼飯。食べ終わって歩くのを渋る娘をなだめつつ代官山駅まで散歩。東横線で帰ってきた。本当は恵比寿駅から地下鉄に乗って文京区の方まで足をのばしたかったんだけど、また今度にしまひょ。
ビールを飲みながら落語のTVを見て昼寝の日曜日。
20585歩 12.35km 179分 1040.0kcal 37.5g
290920.jpg

2009-09-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事