1日店


台風一過の快晴。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。メールマガジンも出す。
あっという間に昼飯の時間。TVをつけると阿部寛さん。ドラマ「坂の上の雲」で秋山好古役を演じられるそうだ。そう、あの日露戦争の満洲に於いてロシアが誇るコサック騎兵団と互角の闘いを続けた人物。大河が11月に終わって、それからの放送らしい。今から楽しみだ。
モデルのご出身。自分を広げるために武者修行的な感じでいろいろな役をこなされたそうだ。確かに、ワタシの知る限りでは意識してエキセントリックな役を演じられているような印象がある。そういう役を続けていると、ごく普通の人間の役を演じたくなるのだという。
似たようなことを晩年の緒形拳さんも言っていたらしい。究極の演技は演じないこと。孔子の境地か・・・。
午後は荷造り作業と並行してオークション出品作業。あまり数をこなせなかった。
夕食は生サンマの塩焼き。いよいよこのシーズンになりました(!)。食べながら「スジナシ」。ゲストは田山涼成さん。スーツを着て登場されるとどこかの会社の部長さんという風情で、役者さんに見えなかったりする。鶴瓶さんが見た目のキャラが立っているので、二人並んで画面に立つと対照的な存在だ。だが、これはいい意味で究極の”演技”にもつながる佇まいなのではないか、とも思う。役者さんの個性がそのまま出てしまうと普通の人に見えなくなる。普通の人に見える演技というのがもしかしたら役者さんが最後に到達したい場所なのだね。
逆を言えば意味がはっきりする。普通の人はおそらくどんなに頑張っても普通の人を演じられない。舞台で、もしくはカメラの前で、普通の人に見える”演技”で観客を納得させることはキャリアを一回りこなした人にしかできない大変な技術だと思うね。
仕事を終えてからランニング。帰り道で雨に降られる。ハルヒの「溜息」を見るが、もっと端折ってもいいのでは? アニメはアニメで描かれている以上、ファンタジーにしなければいけないよ。
8990歩 5.39km 73分 473.2kcal 22.6g
290901.jpg

2009-09-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事