勝沼~忍野~河口湖


朝は6時起き。今夜は河口湖に宿を取っている。家族旅行初日。
身支度をして、わっさわっさと食事を済ませて出かける準備。7時半ころには出発した。オヤジたちと弟の家族とも一緒なので、中央道談合坂SAで待ち合わせの約束。9時半までに行けばいいのでどうにかなるだろう。
ところが、調布入口へ近づくに従って道が混み始めた。京王線の踏切を渡るルートだと“開かずの踏切”になっていると思われるので、鶴川街道方面へ向かった。ところがこちらも混んでいた(^^;。京王線を跨いだ先の信号がなかなか青にならずボトルネックになっていた。うまくいかないもんだ。
中央道は八王子まで車が多かったが、その先はスイスイ進み、どうにか9時半ちょっとまえに談合坂SA入り。直後、オヤジたちから電話が入る。「鶴川街道がものすごく混んでいて、これから中央道に入るところ」だそうだ(^^;。レンタカーを借りる時にも15分くらい余計に時間を取られたらしい。・・・これで40分余裕ができた。
弟たちは9時すぎには到着していたらしい。やはり高速道路に入るまでの一般道をどれだけ短く走るかがカギなんだなぁ・・・。お正月以来の甥っ子たち。やっぱり下の子は最初人見知り状態。しばらくして笑顔。慣れてきたみたいだ。そうこうしているうちにオヤジたちが到着。どかっと昼飯のおにぎりを買ってから出発。まずは勝沼で葡萄狩りだ。
勝沼で降りるとあたり一面葡萄畑。ネットで調べて昨日予約しておいた葡萄園に到着。さっそく「さあどうぞどうぞ」と休憩室に案内され、「味見にどうぞ」と葡萄を出してもらう。デラウェアは道を挟んで向かい側。ハサミで狩り取って籠に入れる。粒が大きい。計って重量でお会計。その後、少し離れた巨峰の畑へ車で移動する。現地には係のおじさんが居て、「こっちは種なし、こっちは種ありだよ」と教えてくれる。味見してごらんよ、と種なしで粒のでかい房を切って渡してくれる。うあ。ホントに立派だ。食べてみるとでかくて甘い。皮まで食べられるくらいだ。「こっちは種ありでちょっと懐かしい味がするんじゃない?」ともう一房切ってもらう。味見味見でパクパク食べて、葡萄だけでお腹いっぱいになりそうな勢い。なんだかゼータクしてるなぁ・・・(^^;。樹で完熟している葡萄を切ってその場で食べる味。確かにウチでは味わえないと思う。
一家族2房くらい狩って再び車で移動。お会計を済ませてから休憩室で昼飯。少し高台にあり、眼下に葡萄畑が一望。乾いた風が通り過ぎていく。
290821.jpg
葡萄園が続く道を走り抜けて御坂みちへ入る。河口湖方面に大移動だ。
いままで「ぶどう」の看板が目立っていた道沿いに「トウモロコシ」の看板が目につくようになる。長いトンネルをくぐると河口湖町。河口湖大橋を渡ってそのまま大通りを直進。山中湖方面へ。忍野八海を目指す。娘のたっての希望による。雨が降り始めた。
忍野は何度も来ている馴染みの場所。駐車場に停めて忍野へ。駐車場のおじさんが「傘がありますよ」と、傘を貸してくれた。
平日なのに忍野には結構人がいる。富士山の雪解け水に手をつけていると、冷えて痛くなってくる(^^;。池には大きな鱒。母親は「40年くらい前にここで写真を撮ったのよ。この水車の前だったわよねぇ」とオヤジと思い出話。ワタシが生まれた直後か?そういえばそんな写真を見た覚えがある。あの頃とは隔世の感があるだろうね。
休憩所でいつも食べる豆腐と草もちを食べて一休み。豆腐には味噌をつけてもらえるのだが、人によっては“辛口”で、ちょっと食べられないくらい辛い(^^;。ねぎ味噌くらいがちょうどいいのにね。
で、今日の宿の河口湖ホテルへ。途中の三叉路でオヤジたちがはぐれてしまい、左折するところを右折し、湖の反対側へ行ってしまうハプニング。なんとかケータイで連絡を取り、宿の人に行き方を説明してもらって解決した(^^;。
部屋は南館1階。夕食まで時間があったので、ワタシは久しぶりに河口湖でバス釣り。ワーム禁止なのでスプーンを投げた。1回だけバイトがあったがバレた。はねて逃げる姿は15cmくらいの小さなバスだったので、釣ってもしょーがないか、みたいな(^^;。
大浴場はガラガラで気持ちよく。夕食は本館3階のメインダイニング。29人の団体さんの隣席でにぎやかな感じ。通常の食事の他に別注文料理として馬刺しを頼んでおいた。トロリとしておいしかった。ほか料理もしゃぶしゃぶまであってかなりのボリューム。大満足だった。
夕食後は散会。各部屋へ。TVを見ているうちに眠くなり、9時過ぎには寝てしまった。なんて健康的なんだ・・・(!)。
5594歩 3.35km 57分 249.8kcal 6.5g
2908211.jpg

2009-08-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事