1日店


朝はくもり。徐々に晴れてくる。
毎日少しずつ読んでいた「鋼の錬金術師」を22巻まで読み終わった。新刊が出ないと続きは読めない。ホムンクルスと錬金術師の対決という構図。いや、もっと広義にホムンクルス(人造人間)対人間てことかな。
錬成陣を描くことで突然地面が割れてビキビキと何かが湧き出してくる場面がよく出てくる。どんな物理的現象なのか・・・。
娘も読んでいるが、彼女は読みながらゲラゲラ笑っている。ちりばめられた小ネタに反応しているようだが、物語全体のテーマは人の命とはなにか、なので実は非常にシリアス。娘にはまだシリアスに反応できるベースがない(のかも)。
TVアニメ化されていて、時々女房と娘が見ているようだが、チラリとみるかぎりでは話の進むテンポがゆっくりに思えてしまう。これはワンピースのときにも思ったこと。おそらくワタシのマンガを読むスピードが速すぎるのが原因と思われる(^^;。
出てくるキャラクターがかなり多いが、それぞれがそれぞれに物語を持った上で主人公の二人に絡んでくるため、物語性が分厚くなっている。また、錬金術と錬丹術との対比など、実際のことをある程度踏まえているので、リアル感が出ている。
で、「けいおん!」は6話まで見終わった。息子が「5話くらいから面白くなるんじゃない?」と言っていたが、確かにおもしろい。5話で顧問の先生の”過去”が明らかになる(^^;。
で、6話が学園祭での演奏の巻。それにしても、彼女たちが練習している場面が描かれないねぇ・・・。学園祭の演奏風景もカットだ。プロモ風の映像は流れたが。やはり楽器演奏シーンをクオリティ維持したまま描き続けるのは手間(おカネ)がかかりすぎるんだろうなぁ・・・。
10447歩 6.26km 86分 545.6kcal 21.8g
290819.jpg

2009-08-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事