内房めぐり


5時起き。
今日はめずらしく家族4人でドライブに出る。昨日急遽決めた。6時過ぎに出発してアクアライン。運が良ければうみほたるも行けるか、と思ったがすでに満車だった(^^;。おそるべし。千葉に渡ってから雨が降り出す。ドライブ好きの娘はやけにハイテンション。
館山道の富津金谷で降りて鋸山登山道。まだ7:20。入口には営業開始は8:30から、とあったが、たまたま車で出勤してきたばかりのおじさんにOKをもらい入れてもらう。かなり急な坂道を登って駐車場へ入れる。外はすでに晴れて暑かった。
ここ鋸山には日本一大きな大仏がある。その名も日本寺。山全体が石でできており、江戸時代から採石されていた、とウィキペディアにある。横須賀軍港や横浜港の港湾設備、東京湾要塞にも使われたようだ。現在は採石されておらず、遺構はそのまま観光地となっている。
その石切りでできた細く高い通路を抜けたところに百尺観音という磨崖仏。バーミヤンの石仏もかくあるや、と。
そこから階段を登って展望台へ。鋸山山頂ということだろうか。標高324mというから、東京タワーと同じくらい。東京湾には金谷港へ入るフェリーや貨物船が見える。東側は一面の緑。名物「地獄のぞき」は石切りした跡の絶壁で、展望台の隣にあり長年の風雨ですり減った石の階段を登って降りる。15年くらい前に来たときは手すりが鉄製のボロボロだったので、その手すりが壊れるんじゃないか、という”怖さ”があったが、現在はステンレス製のがっちりしたものが設置されていて安定感があった。子供たちは案外怖がらなかったが、女房は手すりにつかまったままガチガチに固まってしまった(^^;。ワタシは女房の怖がる様子を見て少し怖くなった。内股がスーッと軽くなっていく感じ。
高所風景を堪能したあとは、ひたすら石の階段を降りていく。ただひたすら降りてヒザがガクガクいいはじめた頃に大仏広場に出る。ん。大きい。ワタシが小学生のころにも家族で来ていたので、もう何度も見ているが、これも磨崖仏だった。ルーツは天明3年に遡るというから意外と古い。ただし、現在の大仏は昭和44年に再建されたもの、だそうだ。
風もなくて蒸し暑い。ずいぶん歩いたので大汗をかいた。水分を補給するなど、十分休憩をとってから駐車場へ戻るべく、今度は登山となった(^^;。ひたすらに続く登り階段。息子が振ってくるアニメの話に適当な相槌を打ちながら一気に登り切った。朝一番のハイテンションはどこへやら。娘の表情から笑顔が消えていた(^^;。
2908091.jpg
とにかく腹が減った。
駐車場からクルマで一気に山を降りて金谷港へ。フェリー埠頭とレストランなどの商業施設。ただし、食堂はどこも判を押したように11時開店(^^;。まだ10時だった。とても1時間は待てない。地元産の海産物食べる気満々だった一同の心は砕かれ(^^;オオゲサ)、大通りにあったファミレスに入るのだった。ウチの近所でも食べられるような食事を済ませて(^^;、11時に出て次は東京湾観音へ向かう。入りたかった地元産のネタがウリの回転寿司屋さんは、開店直後から入場待ちが出ていた。
時間がよかったからか千葉の道はとにかくすいている。高速道を使わずに海沿いの127号線をひたすら走ったが、快適にドライブできた。竹岡、湊、と集落を進み、佐貫町駅からしばらく行ったところを左折する。再び登山道だがそのどん詰まりに真白い救世観音像がにゅっと立つ。視界に入った瞬間は結構な衝撃だ。
駐車場に停めて早速胎内を登り始める。高さ56m。台場のガンダムは18m。竣工は昭和36年。工事期間は5年というから大工事だったはずだ。
胎内には324段の螺旋階段があって地上20階の高さまで登ることができる。途中に七福神像や仏像彫刻があってなんとなく神秘的。途中外に出ることができる展望台があり、”天上”から下界を見おろすことができる。
頂上20階からの眺めはいい。これから向かう富津岬も一望できた。
2908092.jpg
再びクルマに乗って一般道をぬるっと進む。東京湾に突き出た砂洲・富津岬へ向かう。言わずと知れた要塞のあった地域。対岸の神奈川県観音崎と並んで江戸時代からここは国防の最前線だった。現在は展望台もあって公園化されている。駐車場は海水浴客で満車状態。ユニークな形をした展望台に登ると、砂浜の様子が一望でき、その向こう側に君津の製鉄所があった。東京湾側には眼と鼻の先に第一海堡と第二海堡の人工島。双眼鏡でしばらく眺めた。自前船で上陸した人がテントを張っていたりして、平和な夏、という感じだ。
渋滞全くなく一般道を走り木更津駅西口。駐車場に停めてオランダ家でお買いもの。商店街のさびしい様子をながめつつアクアラインに向かう。ワタシが小学生の頃は商店街も活気があって、人もたくさん歩いていたんだがなぁ・・・。ここのオランダ家も今月で閉店してしまうようだった。
うみほたるは入れず平間で遅い昼飯を食べる。時間をうまくずらせたのか渋滞知らずの内房ドライブとなった。
8389歩 5.03km 89分 361.5kcal 9.3g
2908093.jpg

2009-08-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事