1日店


朝からくもり空。
今日も息子は学校休み。でも熱は下がった。まあ仕方ない。
先日見学した小学校の学習発表会のあと、1/2成人式という行事も合わせて行われた。卒業式にも似た形式で10年(20歳の半分)を振り返り、未来への決意表明する会だった。そういえば、ついこの間、娘が「0歳の時の写真が欲しいんだけど」と言ってたっけ。
4年生全員が体育館のひな壇に整列して、スクリーンに映し出される写真とともにそれぞれが短く思い出を語る。もちろん、練習した上での発表だから人によってはセリフ棒読み的な喋り方ではあったけど、喋る内容は生徒が自分で考えたものだっただけにリアルだった。
生まれたばかりのころの話。当然自分では覚えていない。自分のことなのに自分だけでは自分の始まりがわからない。自分のことを覚えていてくれる人から自分の始まりを聴けるということは、ちょっと考えれば幸せなことだと思う。まだ子供たちにはそこまで実感として理解できていないだろうけど。
幼稚園、小学校入学、と徐々に現在へと繋がっていく。大人にとっての10年なんてあっという間だが、子供にとっては生まれてからの歴史そのものだったりする。スケールギャップを思った。実は人が生きている時間なんてものすごく短いのかもしれない。
KIROROの「未来へ」を合唱するころには、まわりのお母さんたちは皆さん感動で泣いていた。子供たちから「感謝」なんて言われると、そんなつもりで育てているわけじゃないから望外にうれしいんだと思う。やっぱり子育てって母親の持つ母性が主役なんだね。つくづくそう思った。
父性担当であるワタシは、感動に涙しているお母さんたちの様子を見て泣きそうになった(^^;。
娘から緑色した紙に包まれた巻紙を手渡された。10歳までの自分史年表だった。全部手書きで、お母さんから聞き書きした内容も合わせてかなりのボリュームだ。その時その時の写真も貼ってあるので、20歳になった時に再び渡してやればいい記録になるはずだ。自分の生きてきた道は、そのまま未来の自分への贈り物になる。
良い行事だと思った。
店は定休日。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
仕事を終えた後にランニング。長原往復で12km。雨上がりは空気が湿っていて走りやすい。走り終わって自販機前でポカリを飲んでたら、後ろから湯気。振り返ると、ワタシの肩から立ち上っていた(^^;。ほかほかだったらしい。カイロ並み。
10224歩 6.13km 82分 546.7kcal 24.4g
290304.jpg

2009-03-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事