学習発表会


朝起きると、息子が熱を出していた。
学校は休み。それはいいのだけど、今日は朝から娘の小学校で学習発表会が開催される。少し前に娘から大そうな自作招待状をもらっていた。行かないわけにはいかない。息子の看病と高校入学の手続きなどで女房は行けないということになり、急遽ワタシが学習発表会を見に行くことになった。
朝飯を食べて、とりあえず出かけた。体育館に入ると、父兄席が中央にあり、それより前列に3年生が体育座りしていた。横にはこれから出演する4年生。ワタシは父兄席の一番後ろに座った。
多摩川のガサガサ探検について、クラスごとに生徒たちが発表する。多摩川の魅力についてから話は始まり、棲んでいる魚の種類やその特性について、江戸時代から現在までの多摩川の歴史までを劇形式で紹介してくれた。
ガサガサ探検とは、実際に多摩川へ行って、ライフジャケットを着用して流れのゆるい入り江に入り、網で川底をガサガサしてみる探検を指す。最初は泥の匂いがしたり足にぬるぬるしたものが付いたりしておっかなびっくりだった生徒たちも、ドジョウやアブラハヤなどが網にかかると楽しくなって、皆多摩川が好きになったそうだ。子供らしくてよろしい(^^)。
実際にガサガサ探検で先生や生徒たちと一緒になって多摩川に行ってくださったのは俳優の中本賢さん。今日はわざわざ会場までいらして、生徒たちの発表を聴いてくださっていた。
「多摩川は身近にありながら子供たちにとって遠い存在になっていました」と挨拶の中で中本さんは言う。現在、小学校では子供たちだけで多摩川に近づくことを禁止している。もちろん安全上の理由からだが、せっかく身近にある格好の自然環境から遠ざけられているのはどう考えてももったいない。
娘の通う小学校は川崎市内でも他校に先駆けて”多摩川を故郷と思ってもらいたい”という考えから多摩川の学習を加えたのだという。すばらしい。これがきっかけになって環境を考えてくれるようになってほしい。
店に戻る。昼飯を食べ終わってから、息子をクルマで病院へ搬送する。歩けば3分の距離だが、それさえ無理な状態。クルマに乗せたら座っていられないほど。
息子の診察が終わって再びクルマで搬送。大した作業ではないが、荷造りが発送に間に合うかが心配だった。がんばって発送を間に合わせる。終わったらドっと力が抜けた。今日は忙しかったなぁ。オークション出品作業ははかどらなかった(コレバッカ(^^;)。
11546歩 6.92km 88分 642.7kcal 27.2g
290302.jpg

2009-03-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事